The Okura Tokyo 開業1周年記念プラン宿泊記

Go toトラベルを使って日本の趣を味わう

2020年9月下旬、当時は仕事に時間を忙殺され、束の間の休日になるとテレビゲームをしてストレス解消する毎日でした。そんな中、Go Toキャンペーンに都内の宿泊施設も追加になるという話を聞き、それであればと思い立ちいろいろホテルを調べることに。すると、このThe Okura Tokyoもキャンペーンが適用になるではありませんか。庶民には手の届きにくい価格帯のホテルですが光明が差したことに加え、なんでもリニューアル1周年と称して特別プランの提供を行っていることに気づきました。こんなチャンスまたとないと感じ、早速予約して先日念願叶って宿泊してきました。以後はほぼ写真(いつもの笑)のみですが、このホテルの素晴らしさが少しでも伝われば幸いです。また、ブランディング動画っぽいものは以下のYoutubeがわかりやすいかと思います。ぜひ視聴してみて下さい。

公式HPより

The Okura Tokyoは「日本のホテル」です。世界の一流ホテルに並ぶ格式と心地よさをそなえる、日本らしいホテルをつくりたい。1962年、そんな強い想いを原点として開業した「ホテルオークラ」は、2019年にThe Okura Tokyoとして新たに出発しました。The Okura Tokyoは、静かで気品あるオーセンティックホテル「オークラ ヘリテージ」と、上質な都市型コンテンポラリーホテル「オークラ プレステージ」という2つのブランドからなります。2つのブランドがともに大切にしているのは、豪華さよりも奥ゆかしい優雅さを伝える「日本の美」と、ひとりひとりのゲストにきめ細かく気遣いする「日本の心」。どちらもオークラが開業時から育んできたものです。今日もまた、私たちが考える極上の日本らしさで、ゲストのみなさまをお迎えします。

プレステージ側のロビー

とにかく圧倒されるロビー。その長い歴史に直接関わることはありませんでしたが、脈々と受け継がれる伝統は一見の価値ありです。

ヘリテージ側のロビー

「Heritage」と謳うだけあり、プレステージよりも色のトーンも落ち着き、よりゆっくりした時間が流れます。

客室(ヘリテージウィング)

とにかく広々としたお部屋で、まずその開放感に驚きます。内装も素晴らしく、今まで泊まった中では一番だと断言できるほど。お土産にいただける玉手箱や巾着、ウェルカムサービスやバトラーサービスなどとにかくいろいろな点で抜かりがなく、極上の一時を過ごせます。お風呂はサウナとジャグジー付きでこれまた異次元。

Orchid(ダイニング)

かの有名なオーキッドダイニング。お目当てはレモンパイで、チェックイン早々と伺いありつきました。噂に違わぬ絶品で、お昼過ぎでしたがとても賑わっていました。

Club Lounge(会員制&ヘリテージ宿泊客用ラウンジ)

ヘリテージ宿泊客が入ることを許されたラウンジ。東京タワーやお台場を眺望できる開放感ある眺めと、シャンパン・ワイン・ウイスキーなどを(もちろんタダで)楽しめます。コロナ対策も徹底しており、バイキング形式の商品にはラップがかけられており、安心して過ごせました。

Orchid Bar

オーキッドの隣にあるバーラウンジ。ゆったりしたジャズが流れ、雰囲気を満喫できます。季節のカクテルとブルショットをオーダー。

特別ルームディナー

1周年記念宿泊プランにはルームディナーがついてきており、牛フィレを中心としたディナーを味わうことができます。ラウンジやバーで大分お腹を満たしていましたがそれでも美味しくいただけるクオリティは流石です。

BARON's BAR

こちらも会員およびヘリテージ宿泊客がアクセスできるバーラウンジ。欲張り性のおかげで二度目のバーラウンジ訪問となりました。オリジナルカクテルをチョイス。会員になるには長い道のりのようです。

ヌーヴェル・エポック

2日目の朝食はこちらのヌーヴェル・エポックで。お目当てはこれまた有名なフレンチトースト。これも本当に絶品でした。そして、個人的に驚きだったのがこちらのぶどうジュース。圧倒的な果実感とのどごしで衝撃的。ぜひご賞味ください。

宿泊情報

◆宿泊日時:2020年10月3日〜10月4日

◆プラン:開業一周年記念宿泊プラン

~開業1周年記念特別ディナーコース~

前菜3種盛り合わせ

伝統のコンソメスープ

特選牛フィレのグリル 生姜入りの和風ソース

苺のムース フルーツ添え 赤い果実のソースとともに

コーヒー または 紅茶

【オークラ ヘリテージ宿泊特典】

■ウェルカムドリンク

■ご朝食無料

■クラブラウンジ(プレステージタワー 37階)利用無料

■冷蔵庫内ミニバー無料

■バレーサービス(車庫入れ代行)、駐車場無料

■プレスサービス(1滞在につき5着まで無料)

■靴磨きサービス無料

Tags: