とろっとろで、ふわっふわ。 ジョンスメドレー(John Smedley)のリブタートルニットです。この黄金色に輝くウールカシミア。ひと目見て、その品質の良さが理解できます。 1784年に創業された英国を代表するブランド「JOHN SMEDLEY」。イギリスで最も旧い歴史を持つブランドです。古くから英国王室御用達として知られるブランドで、現在も家族によって経営されており、仕上げにいたる最終工程を手作業で行うなど、ファインゲージニットウェアをリードするブランドとして世界中から高い評価を得ています。(引用サイト) もともと、首周りが太いことや、窮屈を億劫に思い、タートルネックというものを着てきませんでした。 しかし、ジョンスメドレーの銀座店にてこちらを発見。試着させてもらうと、その肌触りやサイズ感、もちろん首周りの感触に至るまで、一瞬で取り憑かれ、気がついたときには...

この買い物は非常にモノにした感があった。 SUNSPELのウールニットです。薄く藍がかったような色味で、ニットだからこそ出る色の良さが表れていると思います。 英国で生まれ、150年以上の歴史を持つサンスペルの日本公式サイト。シンプルで上質なデイリーウェアや、シーアイランドコットンなどのラグジュアリーな素材で作られるアンダーウェアは、モダンさと着心地の良さを大切にデザインされています。(引用サイト) 元々、あまりこのブランドのことを知らず、「アングローバル系列のアウトレットショップに陳列されているブランド」ぐらいの感覚でした。 この時もたまたまこの商品を見つけて、まずその色味の素晴らしさに感動し、試着した時には、ニット独特のチクチク感もなく、ストンと自分の体に合うシルエットができたので驚きました。 この商品自体はサンプル品でしたので、かなり破格のお値段でGETできました。後で調べたら今シーズンのものだったみたいで、更にお得感もあり、それで冒頭の「モノにした」につながる訳です。 スコットランド製という魔法の言葉もありながら、本当にフワっとしていて柔らかい。保温性も十分ですが、十分空気を含んだような素材感なので、極端に暑すぎることにもなりそうにない。そんな素晴らしい一着です。 シーズンはまだ先ですが、袖を本格的に通す時を心待ちにしています。...

マルジェラの定番アイテム。 ご存知、エルボーパッチニット。色はラストカラー(レンガ色)。カシミアと誤認するほどの肌触り。 Vネックになっており、首周りは少し深く編んであります。 当然のごとく存在している4つ糸。 エルボーパッチは見た目ブラックに見えますが、ダークブラウン。ニットの色とも親和性も良く、落ち着いた色味です。 15SSモデル? 光に当てると、単色でなく、複数の糸が織り込まれていることを確認できます。 その色味から、活躍するのは秋と冬。写真のトラウザーズはINCOTEXのガンクラブチェックパンツですが、相性は非常に良さそう。 キレイめなスタイルにも会いますが、少し老獪な雰囲気でハリスツイードのジャケットをチョイス。ベーシックなアイテムだけに着こなしを工夫したい一着です。...

すごいさっぱり、すごいこだわり。 FOLK(フォーク)。イギリス生まれの「シンプル・ベーシック・クリーン」を謳うブランド。とかく着やすく、それでいて快適さを兼ね備えており、春・秋ワードローブの中心的存在。 マーブル状に染め上げたような生地。スルッとした肌触りが心地よく立体感もあることで、一枚でも十分主役に。 (とても見づらい写真で失礼...

海洋国家、デンマークが産み出した産物。ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)のセーラーセーター(でもイタリア製)。 ANDERSEN-ANDERSEN 2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。また定番であるタートルタイプは、デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています(引用サイト) 今回手に入れたのはタートルでないクルーネック型のセーターで、色は珍しい「ハンティンググリーン」。この色、あまり日本に出回っている印象がない(おおよそ一度も購入までに目撃したことはなかった)。店内で見た時にはモスグリーンのような色彩を放っていたが、外で見るとすっかりダークグレーのような色味である。公式サイトでも上のような写真に近い色味の表現になっている。 これが電球色のような色味の中で撮影すると上の写真のような色味に。やっと「Green」という言葉に一定の信憑性が。 そして、当ブランドの特徴であるサムホール。実際に活用する機会は少なそう(折り返して使いたいことに加え、手汗による劣化を防ぎたい。。) 負荷がかかる箇所はカンヌキ留めが施されていたり、とことん使用者に永く使ってもらうような設計がなされている。織りの密度も相当なもの。 ちなみにこのニット、重さは約1kgと大したもの。翻って、重ね着など殆ど不要。この一枚のみあれば良い。 晩秋から冬にかけて、この一枚、バルマカーンコート、フランネル地のパンツ、チャッカブーツあたりでサラッと外出ができるくらいの度量を持ち合わさねば...