オーラリー(AURALEE)は素材感であったりトレンドなどを反映しながら支持を得ているブランドです。今回は「SUPER HIGH GAUGE SWEAT BIG PULLOVER」というアイテムを購入しました。シャルム起毛加工が施されているスウェットです。...

時代の潮流児とも言えるブランド、「オールバーズ(Allbirds)」のご紹介です。元々はアメリカ発祥ですが、最近日本にも上陸。ESG経営やD2C的なコミュニケーション手法を取り入れ、若者の顧客層を中心に急成長を遂げているブランドです。今回はWOOL RUNNERSという定番品の購入です。...

Dents(デンツ)というブランドの手袋です。非常にクオリティが高く、英国のスーツスタイルにとても良く合います。この刻まれたような模様と、精巧に縫われた風合いがたまりません。新品の時はもっと黄色いのですが、段々と色が濃くなっていきます。...

Mc LAUREN(マックローレン)の「Lover Pullover」。イタリアのニットブランドです。恥ずかしながら購入してそのブランド名を記憶に刻んだのですが、BEAMSなどで展開されているみたいですね。...

The Inoue BrothersとBLOOM & BRANCHのコラボストール。この深い「蒼」。ネイビーでもなく、ブルーでもなく、「蒼」といった表現が一番似合う色合いです。ドライタッチでサラッとした使い心地もポイント。持ち運びが楽でユニセックスで使えます。汎用性の高い一品...

CARUSOのダブルブレストコートです。ネイビーにロイヤルブルーが混じったようなヘリンボーンです。ディテールは、アルスターコートを踏襲したような形です。(肩パッド無し/パッチ&フラップポケット/バックベルト付/ターンナップカフ/インバーテッドプリーツ)...

とろっとろで、ふわっふわ。 ジョンスメドレー(John Smedley)のリブタートルニットです。この黄金色に輝くウールカシミア。ひと目見て、その品質の良さが理解できます。 1784年に創業された英国を代表するブランド「JOHN SMEDLEY」。イギリスで最も旧い歴史を持つブランドです。古くから英国王室御用達として知られるブランドで、現在も家族によって経営されており、仕上げにいたる最終工程を手作業で行うなど、ファインゲージニットウェアをリードするブランドとして世界中から高い評価を得ています。(引用サイト) もともと、首周りが太いことや、窮屈を億劫に思い、タートルネックというものを着てきませんでした。 しかし、ジョンスメドレーの銀座店にてこちらを発見。試着させてもらうと、その肌触りやサイズ感、もちろん首周りの感触に至るまで、一瞬で取り憑かれ、気がついたときには...

2019年の締めくくりアイテムでした。 見ただけでテンションの上がるオレンジ色の箱。交差したブランドロゴ入りのリボン。こうなったら、馬具のメーカーらしく、革を下に敷いて撮影するほかありません笑 Hermesのマフラーを購入していました。なんでも「Back to School Scarf」という名前が付いているものらしいです。確かに学生が付けてそうではありますが、学生といえばやはり「バーバリーズ」のイメージしかありませんね。 ディテールとしては、チェック柄とベージュのダブルフェイスになっています。単糸ではなく、複数の糸を織り込んでいるため、総カシミアですが、若干肌触りは固め。無論イギリス製です。 シンプルなタグ表記もいいですね。英語のフォントもどこか優しい。 ドフォーマルなスタイルにははまらなそうですが、それ以外のビジネススタイルからカジュアルシーンまで、かなり汎用性が広そうです。チェック柄も古き良きイギリスのマーチャントが作った柄の雰囲気もあり、飽きが来ず永く使えそうなのもポイント。 垂らすような形でコート・ニットに合わせたもの。良いアクセントになってくれています。 こちらは、カントリー調の着こなしに合わせたもの。素材感の親和性が高く、このようなスタイルにも合わせやすいと思います。...