庶民の味方! キリンホールディングス(2503)から初の株主優待をいただきました。同社製品の詰め合わせで、総額1,000円相当分が入っております。 ”映える”赤色のケースをあけると、期待感が高まるラインナップが並んでいます。 封筒の中身は案内文ですね。包装紙の削減(という名のコスト削減)...

高配当&株主優待の筆頭企業より。 KDDI社から株主優待をいただきました。シンボリックなオレンジが目に自然と入ってきますね。 ここには載せていませんが、配当金も十分です。今回は1株55円という結果でした。 カタログギフトの中身は、全国47都道府県グルメということで、開く前から期待感が高まります。 どこかふるさと納税感もあるようなデザイン...

COOKPADから初の株主優待をいただきました。 数ヶ月前に株式を取得したため、今回は半年間プレミアム会員となれるクーポンが計4枚です。4月からの登録で、9月まで使用できる計算になります。 どうしても日々の献立には悩みますが、こうしてサッと検索できて活かせるツールは有り難い限りです。持っていなくても特段苦労はしませんが、あれば有効活用したいと思う優待です。 ただ、できれば登録期間を工夫して1年間プレミアム会員でいられる工夫ができれば尚良いのですが。。。数年前にそのあたりが改悪されたようで、株価の下落と共に利便性も落ちています。 登録に関してはQRコードからアクセスし簡単にできました。家族紹介の場合はCRカードの登録が必須みたいなので、有効期限切れになる前にチェックしておく必要がありそうですね。 かなり株価も辛くついており厳しい状況ですが、半年間の利用状況を見つつ、あまり恩恵を感じなかったら戻り売りも視野に入れて保持しようと思います。...

ライオンから初の株主優待をいただきました。 いい色味のダンボールに梱包されており、開封が楽しみになります。 その前に届いていた配当金と議決権が入った書類の中には、招集通知とともに業績や戦略が記載された通知が入っています。 あまりイメージがありませんでしたが、海外でも約3割を売り上げているんですね。 このように各分野毎にコメントが入っています。知っている製品もあれば知らないものも。企業としては良いアピールになっていますね。 (このLIVE計画、アルファベットが全角なところに企業文化を感じる) 新製品情報もしっかり網羅されていました。 優待商品が入った箱を開封するとお決まりのメッセージが。今回は「新製品紹介セット」のようです。以前もそうなのでしょうか。 別封されているこのリーフレットに全7品の紹介がかかれています。 開封して上から撮影。 個別の商品紹介はしませんが、中身は写真の7点で計2,500円相当くらいでしょうか。12月分は100株で1,000円の配当金ですので、実質3,500円の還元ですね。 現在の利回りで考えると1.5%くらいですが、中間配当を考えると2%前後にアップします。日用品で使いやすさがあることを考えると十分な気もしますので、引き続き保持し続けたいと思います。...

年間3,000円のお買い物券。ヤマダ電機の株主優待です。 100株6万円前後で購入でき、年二回の優待で計3,000円のお買い物券がもらえます。よく読んでいないこちらが悪いですが、1,000円単位で500円分の値引きですので、感覚的には半額と同じイメージです。 大型家電を買うには少し心もとない金額で、今回は店内で売っている生活用品に充てることにしました。ちなみに、3月期決算分で1,000円、9月決算分で2,000円もらえます。 (画像は9月期のもの)。。購入して優待を使いにヤマダ電機を訪れたのですが、店内の照明の明るさがなく、どういう店舗コンセプトで運営しているかわからずかなり不安になりました。優待銘柄ですがおそらく購入時の株価に戻ったら売ります。 家電量販店はヨドバシカメラ・ビックカメラとありしのぎを削る中、どういう強みがヤマダ電機にはあるのでしょうか。年末年始であったキャッシュレス施策(Paypay・Line Pay)も、Line Payだけだったはずですので、ビックカメラには及ばなかったはずです。 中々不安な銘柄ですが、日本経済全体の復調に来たいし自然体で株価が上がるのを待とうと思います。。。...

すかいらーくホールディングスから初めての配当と株主優待をいただきました。 今回は2018年6月期の確定で、実際に優待券が届いたのは9月です。 決算のハイライトもわかりやすく書いてあります。こうみるとやはりガストが牽引。バーミヤンはジョナサンより高い構成比かと思っていましたが、単価の違いでしょうか。 話題の働き方改革にも言及されていました。今回が初の優待なので知りませんでしたが、以前はカード型ではなかったようですね。 初心者にもわかりやすく優待の使い方が書いてあります。500円単位というところがミソです。 私は100株保有しているので、計3,000円分の優待をいただきました。 実際にガストとバーミヤンで使いました。両方共2,000円弱の会計となり、1,500円分使用して差額を支払いました。効率良く使えた気がします。忙しい時にサッと食べられるメリットは金額以上かもしれません。これからも保有していきたいと思います。...