‘Manners Maketh Man’

 

-「スタイル」について-