ザ・リッツ・カールトン東京宿泊記

日本最高峰のラグジュアリーホテルに泊まる

世界にその名を轟かす、「ザ・リッツ・カールトン東京」に宿泊してきました。勤めている会社が優待プランを提供しており、それにGo toトラベルを併用した形で、かなりお得な宿泊体験になりました。ちょうど経営している会社の第一期が終了するというタイミングであり、プチお祝いも兼ねた宿泊でした。初日のお昼は「ひのきざか」で鉄板焼のコースを、夕食はカフェ&デリで名物のビーフカレー(と、最寄りの有名ピザやでマルゲリータ)、生演奏をバーで楽しみ、二日目は名物のモーニングとお昼にはアフタヌーンティーを満喫しました。案内されたお部屋も、東京タワーを中心とした東京の景色を満喫できる素晴らしい展望で大満足。次に来るときはいつのことやらと思いますが、素晴らしい体験になりました。

【宿泊情報】

◆宿泊日時:2020年10月31日〜11月1日

◆プラン:法人専用プラン

ひのきざか(鉄板焼)

高級肉を中心とした鉄板焼のコースを堪能できます。先付からすべて美味しかったのですが、鉄板焼の隠れた名物であるガーリックライスが絶品でした。

ロビーラウンジ・ゲストルーム

45Fに位置する圧巻のロビーフロアはとても開放的で水音やピアノの生演奏とともに優雅な雰囲気。ゲストルームもとても広く、窓一面の風景と重厚感溢れる造りが特徴的です。

ロビーラウンジ(夜の雰囲気)

昼間は明るく開放的だったロビーラウンジも夜は一転。ムーディーで心地よい空間に生まれ変わります。オリジナルカクテルも非常に美味しく、ゆったり生演奏を聴きながら過ごせます。

タワーズのモーニング

名物のモーニングはビュッフェ形式ではないものの、十分すぎるボリュームです。オムレツ・エッグベネディクトともに絶品で、サラダ・ヨーグルト・パンなども付いてきます。

アフタヌーンティー

ザ・リッツ・カールトンの名物、アフタヌーンティー。今回初挑戦でしたが、評判に違わぬ美味しさでした。特にスコーンが絶品です。

Tags: