No.061 John Smedley/ ZACHARY Turtle Knit

とろっとろで、ふわっふわ。

ジョンスメドレー(John Smedley)のリブタートルニットです。この黄金色に輝くウールカシミア。ひと目見て、その品質の良さが理解できます。

1784年に創業された英国を代表するブランド「JOHN SMEDLEY」。イギリスで最も旧い歴史を持つブランドです。古くから英国王室御用達として知られるブランドで、現在も家族によって経営されており、仕上げにいたる最終工程を手作業で行うなど、ファインゲージニットウェアをリードするブランドとして世界中から高い評価を得ています。(引用サイト

もともと、首周りが太いことや、窮屈を億劫に思い、タートルネックというものを着てきませんでした。

しかし、ジョンスメドレーの銀座店にてこちらを発見。試着させてもらうと、その肌触りやサイズ感、もちろん首周りの感触に至るまで、一瞬で取り憑かれ、気がついたときには…です。笑

本当にシンプルなタートルネックです。アラン調の編み込みがあるわけでも、パッチが付いているわけでもない。ただ、ジョンスメドレーというブランドの真髄を味わうにはこれでいいと思うのです。

リブの精巧さ、そして、丁寧な縫製があるこそのうねりが見て取れます。

肩周りの縫製もとても綺麗です。着る時にはあまり本来のシルエットやディテールにこだわらずに、ざっくり着たほうが良いかなと思います。

このタグ自体も通常のスメドレーとは異なっているものです。インペリアルカシミアという、高品質ラインのものみたいです。

ざっくりツイードジャケットの下に着てみました。風合いが素晴らしくマッチしています。

タートルを折り返すとこんな感じです。もっとしっかり持ち上げられば、より見栄えが良いのですが、そのあたりは力量不足ということでご愛嬌…笑 ゆっくり時間をかけて着倒したい、そんな一品でした。

Tags:
,