No.059 Brooks Brothers × Loro Piana/ Chesterfield Coat

今までのベストバイに入るくらい素晴らしいのに、その漆黒はカメラ映えしませんでした(やっと紹介)…

ブルックスとロロピアーナが制作したチェスターコートです。色はブラック。社会人になって2年目くらいの冬に購入したので、もう幾数年共にしています。伊勢丹のブルックスのところで6割オフくらいになっていたのをたまたま見つけて試着したらなんとぴったり。カシミア混による驚きの値段でOFF後もなかなかな値段でしたが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したことを覚えています。

本当にクラシカルなチェスターコートの仕立てで、とにかくフォーマルなスタイルにはバッチリ合います。後ろ姿からもなんとなくお察しいただける通り、サイズ感もほぼぴったりです。

購入から数年、実はあまりこのコートを着る気概がわきませんでした。なんてったって重いのです。肩にずっしりと乗る密度の高い生地は、一日の終わりを大分クタクタにしてくれました。ですが、今ではこのコートのほうがクタクタです。十分柔らかくなって、重さもすっかりなくなって、今ではとにかく外に持ち出したいほど(写真みたいなことはあまりやらないほうがよいですね。笑) 

ブリーフケース、そしてデンツの手袋にもなんなく合います。もちろん胸ポケットもあるので、手袋をチーフ代わりのように入れることで、いわゆるジェントルマンの格好が完成します。

今や珍しくなったUSA製です。大量生産・大量消費がウリで、ボタンダウンの胸ポケ復活が物議を醸している同ブランドですが、この品のクオリティはとても高く、こだわりが存分に感じられます。

ロロピアーナの100%カシミア。  

ゴールデン・フリースの商品。ブルックスのメンズ最高峰のラインです。

ボリュームがある巻き物ともよく合います。きちんと手入れをして、あと数十年は頑張ってもらわなくてはなりません。大切に着続けます。

Tags:
,