Blog

147 Articles
No.063     CARUSO/  Double Breasted Coat

No.063 CARUSO/ Double Breasted Coat

重いのにかるーぞ。

CARUSOのダブルブレストコートです。

モデルの説明:15年ほど前に展開されていた定番のダブルブレストコートを、<BEAMS F>の解釈を加えアップデート。クラシカルなディテールはそのままに、肩パッドを省き現代的に仕上げています。生地も、当時のようなウールヘリンボーンを採用。モダンシックを体現したこだわりの1着です。(引用サイト

ネイビーにロイヤルブルーが混じったようなヘリンボーンです。

ディテールは、アルスターコートを踏襲したような形です。(肩パッド無し/パッチ&フラップポケット/バックベルト付/ターンナップカフ/インバーテッドプリーツ)

少しボタンが安っぽい気もしますが、あえて控えめで良いのかも。

インバーテッドプリーツの仕様もかっこいいです。

全体シルエット。ウール100%ですが程よく軽く、堅牢なイメージのあるダブルブレストコートですが、着ているほうは思ったより楽なのです。

ボタンを留めないで着用するとこんな感じ。ストンと落ちるIラインのシルエットです。

締めると豊かなVゾーンが現れます。

パッチポケットは大きさも十分。このボリュームですから、ポケットもそこそこ大きくて良いでしょう。ターンナップカフスも重厚感を増す良いアクセントに。

マフラーを巻いてもよく似合います。コート内にマフラーを垂らしてもよいし、寒いときには軽く縛ってもいいですね。

後ろからのシルエットがとにかく綺麗。シングルのチェスターコートとの使い分けでとても重宝しそうです。良い買い物でした。

No.062     Brooks Brothers/  Archive Collection Tie

No.062 Brooks Brothers/ Archive Collection Tie

ヴィンテージ×アーカイブときたら買ってしまいますよね…

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)のヴィンテージコレクションのデザインを採用したネクタイになります。オフホワイト×ネイビー×ワインレッドのトリコロール。レップタイです。

【The Archival Collection】Brooks Brothersの1950年代のカタログからネクタイ柄を復刻させたコレクションイタリア製の上質なシルク地を用い、アメリカ ニューヨークの工場で伝統的な工法でつくりました。エレガントなミッドセンチュリーデザインのヴィンテージな雰囲気のあるネクタイは、流行に左右されないタイムレスなスタイルを作ります。裏地もネクタイ共地を使用しアーカイブコレクション用の特別なラベルを用いたリミテッドエディション、スペシャルボックスに入れてお届けいたします。(引用サイト

復刻ラインということもあり、ブランドタグも今までのものとは異なった仕様。こういうのに惹かれてしまうから散財は尽きないんですよね…

非常に綺麗な色味です。アイビールックにとにかく相性が良いんですよね。ネイビーブレザーやウィンドウペンとか、アメリカナイズされたようなジャケットにボタンダウンシャツ、そしてレップタイ。ザ・王道で良いのです。

\

付属のタイケースも洒落ています。特別感の演出にはもってこいですね。

大剣は8.3cmと、基準となる8cmよりは少し大きめ。普段8.5cm〜9cmを標準として使用している身としては少し心許ない気もしますが、これでたっぷりした生地感でもちょっとおかしいと思うし、このくらいでいいのではないでしょうか。

Style 017

Style 017

1月上旬。最高気温13℃、晴れ。

Coat : Caruso

Jacket : Harris Tweed

Knit : John Smedley

Pants:Rota

Scarf : Hermes

Shoes :  Church’s

今季の大物。CARUSO(カルーゾ)のダブルブレストコートを主役にしたコーディネート。ヘリンボーン柄でネイビーです。アルスターコートっぽい仕様の中で、ターンナップカフス・インバーテッドプリーツなどディテールへのこだわりがすごい一品です。

ポケットはカジュアルなディテールですが、生地感とデザインのおかげで安っぽく見えないのがよいところ。ターンナップカフスについては、私の腕より若干オーバーサイズ感もありますが、オーバーコートなのでこのくらいでいっかという妥協点も…笑

バックシルエット。インバーテッドプリーツの様子がよくわかります。決してウエストが細くない私にとって、自然に絞ってくれるディテールはありがたい限り。肩周りもちょうどよいサイズ感です。

内側のマフラーにはエルメスのチェック柄を、インナーはスメドレーニットです。この組み合わせ、完全に某方の影響を受けていますが笑、実際に合わせてみると素晴らしく均整の取れたコーディネートです。

コートの下には、ハリスツイードのジャケットを中心として同系色で拾っていくようなコーディネートです。素材も、ツイードジャケット・ウールニット・コーデュロイパンツと、冬を乗り切る素材が目白押し

(タートルの作り方が雑すぎる)スメドレーのニットは今季初購入でしたが、素肌の上から着れるくらいのトロトロ感の虜になってしまいました。毎シーズンしれっと買い足してそうで本当に怖い…

マフラーを合わせても良い感じです。カントリー調の着こなしってあまり日本で見かけませんが、実際に着てみると楽しいものです。

足元はこれもカントリースタイルの代表格、チャーチのシボ革グラフトンです。スーツスタイルへの出番が少ないので、こういうときに使ってあげないと。

ざっとコートを羽織って、ストールを一巻き。これでもそこそこサマになるのが、個々のアイテムの良さが際立っているおかげでしょうか。ファッションを楽しむという観点で、とても満足いくコーディネートです。

No.061     John Smedley/  ZACHARY Turtle Knit

No.061 John Smedley/ ZACHARY Turtle Knit

とろっとろで、ふわっふわ。

ジョンスメドレー(John Smedley)のリブタートルニットです。この黄金色に輝くウールカシミア。ひと目見て、その品質の良さが理解できます。

1784年に創業された英国を代表するブランド「JOHN SMEDLEY」。イギリスで最も旧い歴史を持つブランドです。古くから英国王室御用達として知られるブランドで、現在も家族によって経営されており、仕上げにいたる最終工程を手作業で行うなど、ファインゲージニットウェアをリードするブランドとして世界中から高い評価を得ています。(引用サイト

もともと、首周りが太いことや、窮屈を億劫に思い、タートルネックというものを着てきませんでした。

しかし、ジョンスメドレーの銀座店にてこちらを発見。試着させてもらうと、その肌触りやサイズ感、もちろん首周りの感触に至るまで、一瞬で取り憑かれ、気がついたときには…です。笑

本当にシンプルなタートルネックです。アラン調の編み込みがあるわけでも、パッチが付いているわけでもない。ただ、ジョンスメドレーというブランドの真髄を味わうにはこれでいいと思うのです。

リブの精巧さ、そして、丁寧な縫製があるこそのうねりが見て取れます。

肩周りの縫製もとても綺麗です。着る時にはあまり本来のシルエットやディテールにこだわらずに、ざっくり着たほうが良いかなと思います。

このタグ自体も通常のスメドレーとは異なっているものです。インペリアルカシミアという、高品質ラインのものみたいです。

ざっくりツイードジャケットの下に着てみました。風合いが素晴らしくマッチしています。

タートルを折り返すとこんな感じです。もっとしっかり持ち上げられば、より見栄えが良いのですが、そのあたりは力量不足ということでご愛嬌…笑 ゆっくり時間をかけて着倒したい、そんな一品でした。

No.060     Hermes/  Back to School Scarf

No.060 Hermes/ Back to School Scarf

2019年の締めくくりアイテムでした。

見ただけでテンションの上がるオレンジ色の箱。交差したブランドロゴ入りのリボン。こうなったら、馬具のメーカーらしく、革を下に敷いて撮影するほかありません笑

Hermesのマフラーを購入していました。なんでも「Back to School Scarf」という名前が付いているものらしいです。確かに学生が付けてそうではありますが、学生といえばやはり「バーバリーズ」のイメージしかありませんね。

ディテールとしては、チェック柄とベージュのダブルフェイスになっています。単糸ではなく、複数の糸を織り込んでいるため、総カシミアですが、若干肌触りは固め。無論イギリス製です。

シンプルなタグ表記もいいですね。英語のフォントもどこか優しい。

ドフォーマルなスタイルにははまらなそうですが、それ以外のビジネススタイルからカジュアルシーンまで、かなり汎用性が広そうです。チェック柄も古き良きイギリスのマーチャントが作った柄の雰囲気もあり、飽きが来ず永く使えそうなのもポイント。

垂らすような形でコート・ニットに合わせたもの。良いアクセントになってくれています。

こちらは、カントリー調の着こなしに合わせたもの。素材感の親和性が高く、このようなスタイルにも合わせやすいと思います。

No.059     Brooks Brothers × Loro Piana/  Chesterfield Coat

No.059 Brooks Brothers × Loro Piana/ Chesterfield Coat

今までのベストバイに入るくらい素晴らしいのに、その漆黒はカメラ映えしませんでした(やっと紹介)…

ブルックスとロロピアーナが制作したチェスターコートです。色はブラック。社会人になって2年目くらいの冬に購入したので、もう幾数年共にしています。伊勢丹のブルックスのところで6割オフくらいになっていたのをたまたま見つけて試着したらなんとぴったり。カシミア混による驚きの値段でOFF後もなかなかな値段でしたが、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したことを覚えています。

本当にクラシカルなチェスターコートの仕立てで、とにかくフォーマルなスタイルにはバッチリ合います。後ろ姿からもなんとなくお察しいただける通り、サイズ感もほぼぴったりです。

購入から数年、実はあまりこのコートを着る気概がわきませんでした。なんてったって重いのです。肩にずっしりと乗る密度の高い生地は、一日の終わりを大分クタクタにしてくれました。ですが、今ではこのコートのほうがクタクタです。十分柔らかくなって、重さもすっかりなくなって、今ではとにかく外に持ち出したいほど(写真みたいなことはあまりやらないほうがよいですね。笑) 

ブリーフケース、そしてデンツの手袋にもなんなく合います。もちろん胸ポケットもあるので、手袋をチーフ代わりのように入れることで、いわゆるジェントルマンの格好が完成します。

今や珍しくなったUSA製です。大量生産・大量消費がウリで、ボタンダウンの胸ポケ復活が物議を醸している同ブランドですが、この品のクオリティはとても高く、こだわりが存分に感じられます。

ロロピアーナの100%カシミア。  

ゴールデン・フリースの商品。ブルックスのメンズ最高峰のラインです。

ボリュームがある巻き物ともよく合います。きちんと手入れをして、あと数十年は頑張ってもらわなくてはなりません。大切に着続けます。

Style 016

Style 016

12月上旬。最高気温10℃、晴れ。

Coat : Brooks Brothers × Loro Piana

Jacket : Harris Tweed

Tie : Beams F

Shirt : Brooks Brothers

Pants:PT01

Belt : Whitehouse Cox

Shoes : Alden 975

Scarf : The Inoue Brothers…

今回のメインはこのコート…ではなく、ちょっと検討したい巻物に合わせるためにちぐはぐコーデながら着ていました。主にフォーマルで活躍してくれていますが、こうして見ると、少しドレスさを落としたコーディネートでも意外とハマるかも。ブルックスとロロピアーナのカシミア混のブラックチェスターです。

このハリスツイードのジャケットも久しぶりの登場。大分気に入って着ています。複数の色味が混じったツイードで、50年ほど前の品のため裏地は大分やられていますが、そんなのお構いなしでまだまだ使えます。

ボタンは2つと主張は控えめですが、さり気ないアクセントにもなっています。ここまで寄るとツイードの色味がよくわかりますね。

バックシルエットは十分にお尻を隠す長さと浅いセンターベンツが入っています。とてもクラシカルな仕上がりのジャケットです。

幅広のレジメンタルで、土臭さに程よく馴染みつつ、色を与えてくれるBeams Fのネクタイ。普段はブルックスのブレザーなどに合わせています。シャツをブルーにすると大分こなれ感が出るのですが、あまりビジネスでは着ていけない感じになるので敬遠気味…。全体の色味を考え、ホワイトハウスコックスの同色のメッシュベルトを合わせています。

パンツは以前ITEMでも紹介したPT01のクラシカルなパンツを。このスタイルで足元が貧弱だとおかしいので、ボリュームあるALDENの975を持ってきています。

そして、このチェスターや他のアウターと相性が良さそうだと、その足で購入したThe Inoue Brothers… のマフラーです。Bloom & Branchとのダブルネーム。ここでしか取り扱っていないサイズ感とこの藍色にやられました。また別のエントリーも書く予定ですが、購入したてで着用してすっかり虜です。兼用できるのも◎。

寄ってみるとこんな色味です。ベビーアルパカを使用しており、ドライタッチで軽い仕上がりなのですが、十分に保温性もあり晩秋〜早春まで使える汎用性も魅力。もちろん、井上兄弟の著書は読み込み、ブランドへの共感を持って購入と相成りました。笑

No.058     ARTS & SCIENCE/ Demim Pants

No.058 ARTS & SCIENCE/ Demim Pants

手持ちにしておきたいブランドのジーンズを。

ARTS & SCIENCE(アーツアンドサイエンス)のデニムパンツです。古着屋にて良いものを見つけそのまま購入となりました。

アーツ&サイエンスは、現在都内に7店舗、京都に4店舗のショップを展開しています。着る、履く、使う、食べるという生活のなかで、心地よく日常にフィットすることこそが贅沢であり、そうした商品や企画を用意していきたいと考えています。吟味された本当によい品を手に入れ、長く使ってほしい。「これでいい」のではなく「これがいい」と思ってもらえるものを提案し続けていきたいと思います。2016年10月にオープンした「HINアーツ&サイエンス二条通京都」は、京都のみならず日本や世界各地の職人によって作られる工芸品やプロダクトなどを販売しています。職人の手仕事を残しながら、上質な日常をさらに追い求めたいと考えています。
たくさんではなくいいものを少しだけ。誰かに見せるためではなく、自分が身につけて、使って満足できるものを。アーツ&サイエンスの変わらぬコンセプトです。(引用サイト

これまで、小物入れ(ポーチ)や妻のフランネル地のパンツなど、我が家にゆかりのある商品もあり、とても好きなブランドでしたが、メンズラインは縮小傾向なことから、私自身が着用するチャンスはなかなかありませんでした。

もともと、アーツのデニムは素晴らしい履き心地と聞いていて、実店舗に試着しに行ったこともありました。その時はサイズが合わず、こんなものかと思っていましたが、まさかこんなところに出会いがあるとは。

古着で大分色落ちが進み、とてもこなれた仕上がりになっています。大切に履かれていたのでしょう。変なアタリや汚れもなく素晴らしいコンディションです。

ミミもしっかり。若干ブリーチがかかったようなさっぱりした生地感なのですが、コシがかなり強く、立体的なシルエットを作ってくれます。

もも周りは少し余裕があり、ウエストで履くデザイン。カジュアルなTシャツなどはもちろん合うでしょうし、ブレザーにクラブタイのような着こなしとかにもハマると思います。

ステッチも非常に丁寧に縫われており、さすがはアーツといった感じです。日本製でどこにOEMを出したかなどはもちろんわからないのですが、デニム好きにはきっとわかるのでしょう(期待感を持って)    デニムはリーバイスの501XXを購入したばかりでしたが、これはこのタイミングで買わないとと即決でした。流石にこの次はしばらくないかな?

Year in Review 2019

1月   

2019年のはじまりは箱根駅伝の観戦から。今年の目標を意識した生活を送ろうと試みるも、カラダメンテナンスは早くも挫折して甘えが出てしまった。インプットの量を増やそうと本を読み始めたのはこの時期から(今年読んだ本はコチラからご覧いただけます)。業務も組織変革の実行期に入り、クライアント全体を動かせるダイナミズムを感じている最中であった。

2月

浅草にグルメを満喫にいったり、日帰りの伊豆旅行を敢行し河津桜を堪能したりした。立ち寄った熱海では、廃れた観光地のイメージから、新しい観光スポットやコンテンツがあることを知り、地域活性化の一端を見ることができた。また、今でも家族で懇意にしている方も来訪があったりと、外部との接触が多かった一月。

3月

定期人事にはかからなかったため、現業務の継続が決定。同時に遠方に異動してしまう仲間や同僚もいたため、思い出つくりも兼ねて都内を観光したりした。初の確定申告も無事に終了し、業務ではクライアントのプロジェクトに傾注した。更に、特異な案件も転がり込んできて、次年度の方向性も踏まえいろいろ考えさせられる時期でもあった。

4月

節目の誕生日ということもあり、星のやグループの旅館へ宿泊。温泉や美味しい郷土料理に舌鼓した。米国株に関してgohkitiさんにご教示いただいたのもこの時期。キャリアに関しても今までの営みを見直すような機会もあり、既存枠に囚われずに具体的に考え始め、実行に移しつつあった。

5月

GWは静岡県にある大井川鉄道に出向き、久しぶりの絶景を味わった。話題の新興紳士靴店にもお世話になり、5月後半に控えた結婚式への参列のために、ブラックのオーダースーツを誂えた。クライアントのプロジェクトも5月で一段落し、一旦走りきった達成感と、次のアクションを策定する時期に入っていた。

6月

上期も折り返しに入り、キャリア形成の動きも本格化。その中で今現在の考え方を養うクリティカルな示唆をもらうことになる。各種啓発活動でのインプットが進んできている感覚もあったが、いまいちアウトプットが出ていない気もしておりヤキモキしていた。初の米国株を手に入れ、資産運用は少し前進を見せていた。

7月

6月に受験した日経TESTでは上位10%に入り、俯瞰的なビジネスナレッジはある程度自信が持てる結果であった。同時に、キャリア形成からの示唆を噛み砕き、目指したいライフプランが定まったのもこの時期。しかし具体的なアクションに乏しく、絵に描いた餅であった。同時に過去の上司などと多くの情報を交換し、独力で市場を開拓するたくましさを感じた月でもあった。

8月

策定したライフプランを実行に移すため、鍵となる企業へのアクションを行ったが、想定とは異なるリアクションであった。節目の年に託けて、訪れたかったグランドキャニオンを中心とした海外旅行プランを作り始めた。業務ではあまり例を見ない短期間での業務を完遂させるため、効率とアウトプットを中心に動いた。

9月

約10日間でロサンゼルスを中心とした旅行を敢行。異文化の素晴らしさと自然の絶景を存分に味わった。ライフプラン着手のために夫婦で二人三脚。一つのブランディングの方向性が定まりだし、WEBサイトの作成に着手し始めた。同時にもう一つのプランのため、改めて会計の基礎を学び始め、基本的な概念を掴んでいった。

10月

下期の始まり。個人として想うことをメッセージにしたため、クライアントと伴走するような動きを取り始めた。7月にあった人事異動で社内での動きやすさも増しており、良い援護射撃も得られるようになった。まるすけさんには服飾の知識や靴の磨き方をご教示いただき、年末オフ会を実施しようということで、各みなさまに声をかけ始めた。

11月

全国初となる地域イベントへの商材導入を完遂。信頼できるパートナーと共創した結果は昨年対比を圧倒的に上回るアウトプットであった。ライフプランも友人の意見を踏まえつつ修正を行い、具体的な行動レベルまで落としつつあった。業務ではクライアントとの共同プロジェクトを円滑にする進捗管理ツールを初導入。全容も見えてとにかく業務量が多かった月であった。

12月

ライフプランの2軸を具体的なアクションで動かし、業務も新境地に入ったため、とにかく脳が活性化していた一月。NISA枠のためあわてて投信や国内株を買い漁り、おそらく失敗するのだと思いつつも一定の充足を感じた。離れ離れになった同僚とも再開し、一時の邂逅を味わった。オフ会も無事に開催され、同じ趣味の方との会話を楽しんだ。年末にブログの整理や次年の目標を設計し、今年を締めくくった。

 

以上であるが、ここで今年立てた目標は以下の通り

1. 中長期的な資産運用に繋がる土台作り

2. 芸術・文学・花鳥風月・建築に親しむ

3. カラダメンテナンス

4. スキル習熟(特にデータ処理・英語)

5. キャラクターブランディング

 

【振り返り】

1:資産形成は出費もそれなりにひどかったが、退場しない資産運用とアセットのバリエーションを増やし、将来に繋がる運用ができたと思う。

2:文学や花鳥風月にはそれなりに触れたが、芸術や建築など意匠が伴うものへの興味関心は相対的に弱いままだった。

3:カラダメンテナンスは早々に挫折。途中ダイエットによりある程度の体裁を作るも、体調も2度崩し課題が残った。

4:スキル習熟についてはそれなりに高まったが、英語は依然課題。

5:キャラクターブランディングはライフプランと連動し、ある程度の形まで持っていくことができている。来年度に花開かせるための準備を現在も行っている。

 

(ちなみに妻は)

1. ビジネススキル醸成(MBA基礎)

2. 料理スキル向上

3. カラダメンテナンス

4. 経済・資産運用の知識深化

5. キャラクターブランディング でした(備忘録的に)

 

これら踏まえ、2020年の目標設定としては、以下のように考えている。

 

1.  社会的な肩書を複数作り、勝負できる領域を広げる

2. ブランディングしたキャラクターを世の中に送り出す

3. 不動産に対する理解を深め、将来の居住計画を立てる

4. ファイナンス×デザイン領域の知識を深める

5. 総資産を一桁上のレンジに乗せる

 

【コメント】

1:今年の初夏を中心に行ったキャリア形成の一貫で出した結論。パラレルキャリアで勝負の領域を広げていく。そのためのライフプラン設計は今年行ったので、来年が本当の勝負。

2:私の夢でもあり、妻の夢でもある。拝金主義でなく社会を想い、あたたかさを伝えていきたい。

3:資産の中で一番多く割合を占める財についての知識が単純に乏しい。将来の変化も見据え、今取りうる手段はどのようなものがあるか、知識を深めていきたい。

4:ファイナンスは特化することで、ある程度のリターンが見込める領域と判断。デザインの力で「伝わる」・「わかりやすい」コンテンツ開発を目指す

5:今年の資産増加分を考慮するとそう難しくない目標なのだが、自戒を込めて目標に提起する。もちろん、それ以上の成果が出れば越したことはない。

 

以上、2019年の振り返りでした。節目の2020年、引き続き当WEBサイトをご愛顧ください。よろしくお願いいたします。