Made in Japan、その響きと素敵な色合いに惹かれて

兵庫県加古川市のふるさと納税で手に入れた、「千代治のくつ下」セットです。

「くつ下」であり、「靴下」でもあるのがいいですね。ブランド名と文章で使い分けているところに、醸し出したいブランドイメージがあるのではないでしょうか。柔らかく、より日本っぽいイメージになりますね。

ブランドロゴやフォントなど、こだわりが存分に感じられます。色も赤と白のすっきりした配色で、箱を開ける前から期待値が高かったです。

贈り物感のあるパッケージです。

箱を空けると丁寧に梱包が。ここのシールも同じトーンだったらますます気に入りましたが、少しPopな感じで開封への期待感を持たせているのでしょうか。

そして開封。下に素敵なくつ下が見えますが、冊子が付いていたのでサッと見てみましょう。

最初に飛び込んでくるカラフルなくつ下たち。デニムや革靴と素晴らしく合っています。写真の色味やトーンもとても好きです。

このブランド、くつ下だけでなくニットなども販売しているようです。基本的な機能(保温や吸湿)などにしっかり答えながら、数種類のバリエーションの商品を展開しているみたいですね。

向かって上段がレディース、下段がメンズになります。中に入ってくるくつ下のデザインなどは選べませんので、開けるまでのお楽しみですね。

それぞれのラインの特徴などはまだ履き込んでいないのでわかりませんが、素材感の違いは触るだけではっきりとしていて、比較的軽い履き心地のものから、耐久性のあるものまで、バリエーションに富んでいます。

レディース側三足。個人的には一番右がお気に入り。ブラウンの革靴とかと合わせたら良さそうです。

反対にメンズの三足。どれも使いやすいデザインが揃っています。真ん中が一番重宝しそうです。デニムなどと相性が良さそう。

タグもシンプルでかわいいですね。ブランディング・機能性・コスパ、どれをとっても素晴らしい品に出会えました。強くオススメします。