【ふるさと納税】2020年の納税と返礼品紹介

はじめに

今年もふるさと納税による地方自治体への寄付活動を行いました。正確には居住地区への納税を地方に転化する施策なので、制度に関する賛否は既に各所で語られているところですが、個人的には、納税サイトなどを通じて、地方自治体の名産や伝統工芸などを垣間見られるのでとても好きな制度です。もちろん多少の利己的な思いもあり、返礼率や上限額などとは常ににらめっこしながら選ぶことになるのですが、それもまた楽しみの一つだと感じています。今年は例年になく各自治体の情報を集め比較検討し、おおよそ数日分のネット接触時間を使って、結果いくつかの地方自治体への寄付と相成りました。いつもは各商品ごとに紹介するのですが、おおよそ内容も乏しいため個別ページは用意しつつも、こちらで一括紹介とさせていただければと思います。

【和歌山県有田川町】HARRIS TWEEDのスツール

まず一つ目は、和歌山県有田川町の返礼品である、ハリスツイードのスツールです。服飾好きとは切っても切り離せないハリスツイードブランドのかわいい子ども用椅子ということで、お部屋のインテリアやちょっとした踏み台としても使えると思い申し込みました。椅子の周囲は本皮で一巻きにされており、金のギボシもあって、いわゆる経年変化にも期待です。色も4種類ありますので、選びやすいのもポイント。

個別紹介ページはコチラ

【兵庫県宝塚市】宝塚歌劇団 Bluray Disk

二つ目は、兵庫県宝塚市の返礼品である、宝塚歌劇団のDVDです。これは流石に宝塚市でなければ実現できない商品だとひと目でわかりますね。笑 今回は、明日海りおさん主演の「ME AND MY GIRL」、望海風斗さん主演の「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」の2作品を申し込みました。各作品のレビューはネット上に大量にございますのでそちらをご覧いただくとして(両作品とも名作と名高い作品です)、コロナ禍で宝塚も公演の延期などが取り沙汰される中、自宅で楽しめる環境がふるさと納税で整うのはありがたい限りです。ちなみに、初めて宝塚を観る方には左側の作品(「ME AND MY GIRL」)をオススメします。ミュージカル調かつ比較的明るい話であること、ちゃんと盛り上がれるヤマが用意されていることなどが理由です。

個別紹介ページはコチラ

【茨城県古河市】HARIO 保存容器6個セット

三つ目は、茨城県古河市より、HARIOの保存容器セットです。コーヒー好きにはお馴染みのHARIOですが、工場が古河市にあることは初めて知りました。ガラスの加工で高い技術を持っており、こちらの保存容器は電子レンジにも対応で使い勝手が高いものになります。色もレッド・ホワイトの2色でシンプルですし、ロゴも控えめでクセのない感じが良いですね。縁の下の力持ち的なメーカーですが、ちゃんとブランディングにもこだわっていて、ますます気に入りました。

個別紹介ページはコチラ

【佐賀県】有田焼/幸楽窯/錦川蝉形ミニ汁次

四つ目は、佐賀県より、ミニ汁次(我が家では醤油差しとして使用)になります。有田焼といえば、幼少のことから桃太郎電鉄で散々観てきた伝統工芸品ですが、実物を手にしたことがなかったので申し込んでみました。こちらは現代風なデザインに落とし込まれていて、食卓を彩るかわいさも兼ね備えています。焼き物も地方ごとに特色があり、仕上がりや模様の付け方など、ふるさと納税サイトを巡っていると朧気ながら見えてくるのも、また楽しみの一つです。

個別紹介ページはコチラ

【兵庫県小野市】洋裁鋏 標準(右手)型 240MM

最後は、兵庫県小野市より、洋裁鋏になります。別エントリーで書きましたが、立体マスクの自作を行っている時に、良い洋裁鋏が欲しいと思い立ち、探していたらこちらの商品にめぐりあいました。実際の切れ味も素晴らしいことに加え、ブランドロゴやインテリアショップに展開されていることなど含め、企業としてのプロモーションがしっかりしていることにも驚きました。

個別紹介ページはコチラ

おわりに

ふるさと納税サイトの返礼品ランキングを見ると、どうしても食材系が多くラインナップされているのを見るのですが、生ものにしろ冷凍にしろ、その現地で食べたいという思いがあり、どうしてもこのような無機物を選んでしまいがちです。しかし、このような軸で調べてみると、本当に日本には多種多様な文化や伝統が存在していることがわかり、関連する知識や教養も幅広くなる実感を得ることができます。どうしても会社員の場合、納税という行為は暗黙の中で行われているような感覚が強いのですが、この行為を通じて、信念を持って文化を興している自治体や関係者の支援に繋がれば幸いです。来年も良い納税ができるように、目の前の仕事を頑張らねばなりませんね。