あなとみさん、きみのぱんつにはチョットだけ苦い思い出があるよ。 ANATOMICA(アナトミカ)・・・恐らく当ブログを見ている人であれば殆どの方がご存知のブランド。特段説明の理由も見当たらないのであるが、むかしむかし、パンツのサイズをなぜか「35」というビッグサイズで購入し、酷く後悔をした過去もあり、なぜか食指が伸びることなく幾数年。漸く手にしたこのパンツ「カリフォルニアン」。 アナトミカの定番モデルといえば「マリリン」や「チノ」を思い浮かべる人も多いだろうが、このパンツも中々の洒落者。 (前回のWESTONの記事もそうだが、とにかく「燻し」が好きなんだなあ) ON。9分丈程度であっさりまとめ、靴を目立たせる脇役的存在。着用シーズンも春夏メインのため、このくらいで逆にスッキリ。 ホワイトデニムはともするとオジサマもしくはパリピ御用達アイテムですが、このパンツだと綺麗に溶け込んでくれています。 非常に良いブランドです。お願いだからターミナル駅に出店してください(浅草橋は少し遠いんですよね。。)...

COOKPADから初の株主優待をいただきました。 数ヶ月前に株式を取得したため、今回は半年間プレミアム会員となれるクーポンが計4枚です。4月からの登録で、9月まで使用できる計算になります。 どうしても日々の献立には悩みますが、こうしてサッと検索できて活かせるツールは有り難い限りです。持っていなくても特段苦労はしませんが、あれば有効活用したいと思う優待です。 ただ、できれば登録期間を工夫して1年間プレミアム会員でいられる工夫ができれば尚良いのですが。。。数年前にそのあたりが改悪されたようで、株価の下落と共に利便性も落ちています。 登録に関してはQRコードからアクセスし簡単にできました。家族紹介の場合はCRカードの登録が必須みたいなので、有効期限切れになる前にチェックしておく必要がありそうですね。 かなり株価も辛くついており厳しい状況ですが、半年間の利用状況を見つつ、あまり恩恵を感じなかったら戻り売りも視野に入れて保持しようと思います。...

3月下旬。最高気温15℃、晴れ。 Suits : BEAMS F Shirt : HITOYOSHI Shirt Tie : Charvet Shoes : J.M.Weston Bag:Bally 春先でのスーツスタイル。モヘヤ混でハリのあるグレースーツに、少しドレッシーなシャルベのネクタイが主役です。 鞄は抜群の信頼を誇るBally。どんなスタイルにも使えるこの汎用性こそ魅力。 ...

3月上旬。最高気温17℃、曇り。 Coat : Margaret Howell Knit : Folk Pants : 90's Germany Moleskin Trousers Shoes : J.M.Weston 境界。冬と春。少し土臭いトーンバランスの中、トップスのさっぱりさを楽しむ。 マーガレット・ハウエルのステンカラーコート(リネン混)に、フォークのさっぱりニットで。どちらもサラッとした肌触りと無難なデザインで、全くの起伏もなく。 一転。パンツはドイツ軍のモールスキンパンツ。非常にコシの強い素材とストンと落ちるIラインシルエットがとにかく無骨。 足元には年期の入ったグレインレザーのゴルフを。カーフだとドレッシーになりますが、グレインレザーはある程度カジュアルに振り切っても対応してくれます。 リネンやモールスキンは遠くから見るとシワが目立ちますね。しかしながら、この風合いにこそ魅力を感じ、一日を深く刻み込んでいる気さえしているのです。...

"W" J.M.Westonのシングルモンクストラップシューズです。モデル名は「531」。この燻したようなゴールドのバックルと、素敵なエッグトゥが素晴らしい。 少しぷっくりとせり出したようなヒールカップ。実際はもう少しタイト目でも良いと思いますが、シングルモンクなだけに甲部分でしっかりと止まっていれば全く問題ございません(素人感想) 革はボックスカーフのブラックなのですが、本当に革の内側から鈍く光るような感覚です。さすがはWESTON。 なだらかな甲の流線と、飛び出してくるステッチの意匠はもはや芸術品です。 使い込んで履き込んで、その分ケアを行うことで魅力が増していくこの靴。しばらく登場機会も多そうです。...