フランスの風を纏うように。 CHARVET(シャルベ) パリのアーケード街、リシュリー通りにて、世界初のオーダーシャツ専門店をオープンさせ、その歴史を歩み始めた<シャルベ>。創立者であるクリストフル・シャルベが店舗を構え営業を始めた1838年以来、「エグゼクティブのための良い趣味」をコンセプトに、上質の品々を提供し続けている。そのクオリティの高さは、1889年の万国博覧会で開催されたヨーロッパシャツ製造業者によるコンテストにて、金賞と審査員大賞を獲得するほどだ。当時からヨーロッパ中に名声を博し、イギリス、スペインの王室などいくつもの王室出入り業者になると同時に、当代一流の文化人、財界人、政治家などの注文に応じていた同ブランド。その後、1870年に記念塔が有名なヴァンドーム広場に移転し、1982年に現在のヴァンドーム広場28番地に移転。広々とした空間を生かしながら従来のコレクションにレディースやレザーグッズ、アクセサリーといった豊富な品揃えを加え、現在に至っている。(引用サイト) 色はグレーで波模様を打ったようなデザイン。こういうシンプルなデザインが一層高級感を引き立たせる。控えめなこのロゴもすこぶるよい。 ディンプルもとても丁寧かつ立体的に作れる。生地が薄くそれでいて頑丈なことがこれを可能にさせていると思われる。 〇〇ピエゲという言葉も界隈でよく聞くが、そういうものでなくあるがままの素材と製法で勝負しているところがすごく好き。 シャツに締めるとその格式の高さが屹立する。 末永く使いたいし別のデザインのものも試してみたい。ネクタイは永らく買い足していなかったが、このブランドなら、あわよくば...

曰く、どうやらこのブランドは奥深いらしい(王室が絡むと大変なんですね...

初見だと、なんとなく読み方がわかるが自信を持って言えないブランド。(デ・ボン・ファクチュール です。) De Bonne Factureはデボラ・ニューバーグという女性がデザイナーを務めているブランド。 ブランド名は「優れたモノ」という意味です。私にとっての「優れたモノ」とは、シンプルかつベーシックで、廃れることなく長く愛用できるもの。そういったピュアで、エバーラスティングなアイテムを〈デ・ボン・ファクチュール〉で表現しています。中でも注目して欲しいのはクオリティーで、 私がデザインするアイテムはすべて、“クラフトマンシップ”を持つ工場で作られているんです。(引用サイト) シンプルなネイビーのマフラー。ぽこぽこと凹凸があり、それでいて生地がとてもしっかりしているので、非常に暖かく重宝しています。 生地を拡大するとこんな感じ。とにかくMade in Franceという響きもさることながら、クオリティがとにかく高いブランドだと思っています。他にもシャツジャケットを持っていますが、こちらも着回しやすさ、デザイン、サイジングと絶妙。 両先端は編み込みが変わっており耐久性も十分。 写真では比較的フォーマルなスタイルに合わせていますが、おそらく元々はカジュアルユースのはず。いろいろなバリエーションに挑戦してみたい一品です。...

1月下旬。最高気温10℃、晴れ。 Coat : Brooks Brothers × Loro Piana Suit : Berun (Bespoke) Shirt : Turnbull & Asser Tie : Charvet Shoes : Church's Gloves : Dents Scarf : Johnstons of Elgin Glasses : Tom Ford Braces : Albert Thurston Bag : Bally (真冬のコーディネート、主役はこのチェスターコート) 大のお気に入り、ブルックスブラザーズとロロピアーナのカシミアチェスターコート。買った当時は意識もしなかったが、Golden Fleeceということで、高級感も中々なもの。 Golden Fleece : ブルックス ブラザーズのクラフツマンシップとイノベーションを融合させた、メンズライン最高峰のコレクション「Golden Fleece®(ゴールデン フリース)」。高品質な素材と最先端のテクノロジー、そして熟練のクラフツマンシップを集結させ、最高のクオリティとデザイン、機能性を実現したラインナップは、タイムレスでありながらモダンな雰囲気をあわせ持ち、紳士のワードローブを代々受け継がれる逸品へと高めます。(引用サイト) ロロピアーナタグもこの通り。当時の(今でも)お給料でかなりの出費でしたが、改めて買ってよかったと思います。最初の数年は着る度に肩に重くのしかかる感じで、本当に寒い時しか使ってきませんでしたが、去年くらいから思いの外すんなりと収まるようになり、これも馴染んできた効果でしょうか。フォーマルな着こなしには欠かせないアイテムです。 そんなチェスターコートと対になるように着用しているDents(デンツ)のグローブ。ペッカリーという革を用いており内側はカシミアとなっており保温性も快適性も言うことなし。最近はスマホを触れるグローブもありますが、必要な時にグローブを外しチェスターコートの胸ポケットに入れる。そんな所作も楽しいと思える一品です。 Dents(デンツ) : 1777年創業のイギリスの老舗高級手袋メーカー「デンツ」。レザーグローブの製造を得意とし、中でも猪豚に似た哺乳類であるペッカリーを素材にした主力製品は長年に渡り人気を誇る。他にも北アメリカ産のディア(鹿)や、エジプトのヘアシープ(羊)など、上質な素材を使ったフィット感抜群のコレクションを多数展開。英国のみならずグローバル展開も積極的に行っており、レザーグローブの傑作として世界的に認知されている。(引用サイト) 合わせるバッグは何度か既に登場しているBally(バリー)のブリーフケースで。 巻物はシンプルかつハイクオリティのJohnstonsのマフラー。この記事を書くために調べていたら、読み方は「ジョンストンズ・オブ・エルガン」ということを始めて知りました。ずっと「エルジン」だと思ってた...