海洋国家、デンマークが産み出した産物。ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)のセーラーセーター(でもイタリア製)。 ANDERSEN-ANDERSEN 2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。また定番であるタートルタイプは、デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています(引用サイト) 今回手に入れたのはタートルでないクルーネック型のセーターで、色は珍しい「ハンティンググリーン」。この色、あまり日本に出回っている印象がない(おおよそ一度も購入までに目撃したことはなかった)。店内で見た時にはモスグリーンのような色彩を放っていたが、外で見るとすっかりダークグレーのような色味である。公式サイトでも上のような写真に近い色味の表現になっている。 これが電球色のような色味の中で撮影すると上の写真のような色味に。やっと「Green」という言葉に一定の信憑性が。 そして、当ブランドの特徴であるサムホール。実際に活用する機会は少なそう(折り返して使いたいことに加え、手汗による劣化を防ぎたい。。) 負荷がかかる箇所はカンヌキ留めが施されていたり、とことん使用者に永く使ってもらうような設計がなされている。織りの密度も相当なもの。 ちなみにこのニット、重さは約1kgと大したもの。翻って、重ね着など殆ど不要。この一枚のみあれば良い。 晩秋から冬にかけて、この一枚、バルマカーンコート、フランネル地のパンツ、チャッカブーツあたりでサラッと外出ができるくらいの度量を持ち合わさねば...

渾(藍)身。UMIT BENANのデニムジャケット。いわゆる「Gジャン」といえばいよいよ世代は巻き戻り、それを回避するが如く「デニムジャケット」という、非常にモダナイズされた呼び方で紹介することにしたい。 そのものに風合いがあり、その経年変化を楽しむものとして、着道楽に愛着を持たれているデニム素材。奥ぞ深く、岡山県への聖地巡礼やらリーバイスのデッドストックやら、枚挙にいとまがないほどの含蓄ある知識が求められるが、一切の語ること抜きでただただその佇まいを紹介するのが本サイトというものである。 ボタンの裏はこのように貫通しており留まっている。裏地でも十分に表情がある。 (上の写真の表地はこのような形) デニムジャケットといえば、A.P.C(アーペーセー)のものが有名だが、このUMIT BENANも中々。「ウミ」とあったり語感的なものもあり、てっきりPetit Bateau(プチ・バトー)のようなマリンブランドかと思っていたが、コレクションは実に土臭いと表現すべきか、噛みごたえのあるようなアイテムを数多く排出しているようだ。 タグはかなりの強度で縫い付けられており、生地の裏側までステッチが走っていた。四つ糸のマルジェラはシンボリックだが、隠れUMIT BENANユーザーを探すのもまた一興。 陰影のある藍。より立体的な藍になるその時まで...

英国の重鎮、いざコラボの刻。 MACKINTOSH LONDON × TURNBULL & ASSERのロンドンストライプシャツ。マッキントッシュは以前ダヌーンを持っていたが手放した関係もあり久々のワードローブIN。 襟を構築するゆるやかなS字、いわゆるターンブルカットは健在とお見受けする。 ダブルネームのタグもこの商品ならでは。他にもマッキントッシュが英国の老舗ブランドとコラボしたGB7というプロジェクトがあり、眉唾もののラインナップになっている。 MACKINTOSH LONDON と共鳴する伝統と格式を備える英国の名品たち。 英国には100年を越える歴史を誇る老舗ブランドが数多く存在する。「GB7 collection」は、MACKINTOSH LONDONが目指すモダンブリティッシュスタイルを完成させるため、永く英国の服飾文化を担ってきた保守本流のブランドたちと協働した限定コレクションである。それは次の歴史と伝統を紡ぐプロジェクトであり、新たなクラシックが生まれる場所である(引用サイト) 釦を外してもこの端正さ。仕立ての良さがよく伝わってくる。 カフスは3連のシングルカフス。これもターンブル & アッサーならでは。 ダーツもオリジナル仕様。全く理解されなそうなこだわりも多いが、差し引いても着心地の良さ、その汎用性で良きパートナーになってくれそうです。...

初のネクタイはこのブランドから。 E.MARINELLA(マリネッラ)。各国の首脳も御用達という当ブランド。サミットでのお土産として用いられたことでも有名。 「ブラウン」と呼ぶには少々勿体無い。「モカチーノ」とでも名付けてみようか。 ナポリお得意のいわゆる「セッテピエゲ」ではない形のマリネッラ。しっかりと芯地が入っているタイプでどちらかというとこちらが性分に合っているようで。ディンプル作って詰めあげて締めるのには不的確な気もして、専らゆったりプレーンノット(締めるのではなく巻くような感じ)。 こちらは一転、鮮やかな小紋柄。 プレーンなスーツに華を持たせることで役割として。 これからの季節で、増々大車輪の活躍を見せるこの二本。無駄に酷使せず、適度な休憩を挟みながらと思うもつかの間、その汎用性に抗うことができず、一日、また一日と駆り出されていくのです。...

10月上旬。最高気温23℃、曇り。 Blouson: Arc’teryx Veilance Inner: Margaret Howell × John Smedley Pants: Marni Shoes: Crockett & Jones Bag: Leon Flam Glasses: Oliver Peoples 全体的な色彩。枯れ葉のようですね。実物もまた然り。 (思ったより迫力のある画か...

これはなんとしても紹介したかった。ARC'TERYX VEILANCE(アークテリクス・ヴェイランス)のNemis Jacket。 「More Urban、More Movable」アウトドアブランドとして名を馳せるアークテリクスを、より都会的なアイテムに落とし込んだヴェイランスシリーズ。ナイロン・ポリエステルが織りなす快適かつ軽量な仕立て。須らくアークテリクスの意匠は施されており、このシームテープも同社らしい仕上げ方を見せている。 色はマホガニー。深みと立体感がある赤茶色。ジップも小洒落ている仕様だが全くうるさくなく、同色だからこそできる細微的な美しさ。 (もはや芸術品を見ているかのよう)。。 襟のリブも軽快な雰囲気で、その切り替えもシームレスの如く自然な造り。 袖と裾も同じくリブ仕様。 (上から見下されるかのような威圧感...