Tag Archives

2 Articles
No.031    CHARVET / TIE

No.031 CHARVET / TIE

フランスの風を纏うように。

 

 

CHARVET(シャルベ)

パリのアーケード街、リシュリー通りにて、世界初のオーダーシャツ専門店をオープンさせ、その歴史を歩み始めた<シャルベ>。創立者であるクリストフル・シャルベが店舗を構え営業を始めた1838年以来、「エグゼクティブのための良い趣味」をコンセプトに、上質の品々を提供し続けている。そのクオリティの高さは、1889年の万国博覧会で開催されたヨーロッパシャツ製造業者によるコンテストにて、金賞と審査員大賞を獲得するほどだ。当時からヨーロッパ中に名声を博し、イギリス、スペインの王室などいくつもの王室出入り業者になると同時に、当代一流の文化人、財界人、政治家などの注文に応じていた同ブランド。その後、1870年に記念塔が有名なヴァンドーム広場に移転し、1982年に現在のヴァンドーム広場28番地に移転。広々とした空間を生かしながら従来のコレクションにレディースやレザーグッズ、アクセサリーといった豊富な品揃えを加え、現在に至っている。(引用サイト

 

 

色はグレーで波模様を打ったようなデザイン。こういうシンプルなデザインが一層高級感を引き立たせる。控えめなこのロゴもすこぶるよい。

 

ディンプルもとても丁寧かつ立体的に作れる。生地が薄くそれでいて頑丈なことがこれを可能にさせていると思われる。

 

 

〇〇ピエゲという言葉も界隈でよく聞くが、そういうものでなくあるがままの素材と製法で勝負しているところがすごく好き。

 

 

シャツに締めるとその格式の高さが屹立する。

 

 

末永く使いたいし別のデザインのものも試してみたい。ネクタイは永らく買い足していなかったが、このブランドなら、あわよくば。。。

No.016    E.MARINELLA / TIE

No.016 E.MARINELLA / TIE

 

初のネクタイはこのブランドから。

 

 

E.MARINELLA(マリネッラ)。各国の首脳も御用達という当ブランド。サミットでのお土産として用いられたことでも有名。

 

 

「ブラウン」と呼ぶには少々勿体無い。「モカチーノ」とでも名付けてみようか。

 

 

ナポリお得意のいわゆる「セッテピエゲ」ではない形のマリネッラ。しっかりと芯地が入っているタイプでどちらかというとこちらが性分に合っているようで。ディンプル作って詰めあげて締めるのには不的確な気もして、専らゆったりプレーンノット(締めるのではなく巻くような感じ)。

 

 

こちらは一転、鮮やかな小紋柄。

 

 

プレーンなスーツに華を持たせることで役割として。

 

 

これからの季節で、増々大車輪の活躍を見せるこの二本。無駄に酷使せず、適度な休憩を挟みながらと思うもつかの間、その汎用性に抗うことができず、一日、また一日と駆り出されていくのです。