カルーゾなの?カルーソなの?どっちなの?

 

 

RAFFAELE CARUSO(ラファエル・カルーゾ)

1950年代後半に、南イタリアのナポリでテーラーを営んでいたラファエル カルーゾ氏が立ち上げた、主にメンズスーツの製作販売を行っているブランド。
シルエットが美しく、柔らかく上質の生地を使い、肩もリラックスした雰囲気を持つエレガントな仕立だ。1958年にパルマでスタートさせたファクトリーである「マコ社」の自社ブランド。現在はニコラ カルーゾ氏が代表を務める。現在でも伝統的なテーラードの手法を用いながら、最新鋭の投資設備を併用するなど、良い意味で、伝統を守りつつも時代の流れを受け入れているブランドだ。(引用サイト

 

 

そうそう、フラワーホールに見えるのは、オボイストさん主催の会に参加させていただいた時、オボイストさんからお土産の品としていただいたブートニエール。素晴らしい色の相性なので、最近は専らこのジャケットか、ボリオリのベージュのリネンジャケットのお供になっています。(当時の記事はコチラから)

 

 

私は訪問したことがないですが、スージーズヴェルトという素晴らしい革製品屋さんが作られているみたいで、ただそのクオリティに感動です。

 

 

色は濃紺ですが、少しインディゴが入ったような色味。ホップサックの生地感も併せてとても軽快な感覚で着れます。

 

 

ボタンはブラックで至ってシンプル。ビジネス用なのであまり派手でも困りますが。

 

 

(?。。。その刺繍により前言撤回)

 

最近もう少しポップな字体のタグになり、少しブランドイメージも変わったカルーゾですが、イタリアブランドの中でもクオリティはかなり良いと思っています。

 

 

汎用性の効く色でどうしても登板回数が多くなります。しっかり休めて長く愛用できるよう、日々のメンテナンスを怠らないようにしなくては…