Category Archives

13 Articles
【株主優待】[3387] クリエイト・レストランツ・ホールディングス(2019年2月確定分)

【株主優待】[3387] クリエイト・レストランツ・ホールディングス(2019年2月確定分)

この優待は満足度高し(ちょっとフォント怖くないですかね…?)

 

 

クリエイト・レストランツ・ホールディングスから、初の株主優待をいただきました。様々な飲食ブランドを展開している同社ですが、そのお店使える商品券が3,000円分も付いてきます。

 

 

500円単位で使うことができます。有効期限も約半年分あり良心的です。

 

 

使えるお店の一覧も優待券と一緒に同封されていました。そんな中で今回選んだのは…

 

 

「海南鶏飯食堂」です。麻布にあるシンガポールの文化を受けたレストランです。

ビジネスの世界において年々その存在感を増すアジアの都市国家シンガポール。そこでは中国、マレー、インドなど東南アジア諸国の食文化が見事なまでにブレンドされています。そんなシンガポールの国民食といえば「海南鶏飯(シンガポールチキンライス)」。私たちは「海南鶏飯」の専門店として15年前にスタートしましたが、現在はラクサ、肉骨茶(バクテー)、ホッケンミーなどなど、、、今や世界が注目するその色鮮やかなパッチワークのような食文化をできる限り正確に網羅しお伝えするのが私たちの最大の使命です。そのため海南鶏飯のソースや厨房で料理に使用するソースは出来合いのものは使用せずすべて一から手作りです。近道はせずにむしろ遠回りでゆっくりと真面目に。これからも続けてまいります。(引用サイト

 

 

これぞ東南アジア!と好意的な表現をしたくなる店構え。

 

 

まずはタイガービールから。

 

 

うまい、もう一杯!とはいかず、メインのお出まし。

 

 

海南鶏飯です。ジャスミンライスと蒸し鶏を、つけダレでいただきます。タイガービールとの相性も抜群。美味しくいただきました。

 

 

この優待は秋にももらえる予定で、年二回少しリッチなランチが楽しめます。他にも美味しいお店があるようですので、次回はそちらでも良いですね。気兼ねなく冒険できるのも優待ならではです。

【株主優待】[2193] COOKPAD(2018年12月確定分)

【株主優待】[2193] COOKPAD(2018年12月確定分)

COOKPADから初の株主優待をいただきました。

 

数ヶ月前に株式を取得したため、今回は半年間プレミアム会員となれるクーポンが計4枚です。4月からの登録で、9月まで使用できる計算になります。

 

どうしても日々の献立には悩みますが、こうしてサッと検索できて活かせるツールは有り難い限りです。持っていなくても特段苦労はしませんが、あれば有効活用したいと思う優待です。

ただ、できれば登録期間を工夫して1年間プレミアム会員でいられる工夫ができれば尚良いのですが。。。数年前にそのあたりが改悪されたようで、株価の下落と共に利便性も落ちています。

 

登録に関してはQRコードからアクセスし簡単にできました。家族紹介の場合はCRカードの登録が必須みたいなので、有効期限切れになる前にチェックしておく必要がありそうですね。

 

かなり株価も辛くついており厳しい状況ですが、半年間の利用状況を見つつ、あまり恩恵を感じなかったら戻り売りも視野に入れて保持しようと思います。

【株主優待】[4912] ライオン(2018年12月確定分)

【株主優待】[4912] ライオン(2018年12月確定分)

ライオンから初の株主優待をいただきました。

 

 

いい色味のダンボールに梱包されており、開封が楽しみになります。

 

 

その前に届いていた配当金と議決権が入った書類の中には、招集通知とともに業績や戦略が記載された通知が入っています。

 

 

あまりイメージがありませんでしたが、海外でも約3割を売り上げているんですね。

 

 

このように各分野毎にコメントが入っています。知っている製品もあれば知らないものも。企業としては良いアピールになっていますね。

 

 

(このLIVE計画、アルファベットが全角なところに企業文化を感じる)

 

 

新製品情報もしっかり網羅されていました。

 

 

優待商品が入った箱を開封するとお決まりのメッセージが。今回は「新製品紹介セット」のようです。以前もそうなのでしょうか。

 

 

別封されているこのリーフレットに全7品の紹介がかかれています。

 

 

開封して上から撮影。

 

 

個別の商品紹介はしませんが、中身は写真の7点で計2,500円相当くらいでしょうか。12月分は100株で1,000円の配当金ですので、実質3,500円の還元ですね。

現在の利回りで考えると1.5%くらいですが、中間配当を考えると2%前後にアップします。日用品で使いやすさがあることを考えると十分な気もしますので、引き続き保持し続けたいと思います。

【株主優待】[2928] RIZAPグループ(2018年9月確定分)

【株主優待】[2928] RIZAPグループ(2018年9月確定分)

何かと話題のRIZAP。ボディメンテだけでなく株価のコミットを…

 

 

2018年9月末に15周年記念優待があると知り、一番コスパの良い200株を取得し、3000ポイントの優待権を得ました。

 

 

無事に株式を取得できたのもつかの間。大幅な下方修正の業績発表がなされ株価が急落。今は見るも無残な株価となり含み損がしっかり残ってしまいました。

 

 

優待品ですが、カタログから選ぶ方式で、ポイントを使うことで交換できます。今回負ののれんの整理のため関連会社を見直すそうなので、優待の中身の再編も避けられないでしょう。もしかしたら優待すら廃止になるかもしれません。グロース株として数年塩漬けになるか、キレイに精算されてしまうか、経営陣を信じて待ちたいと思います。

 

 

そんな中、初の優待に選んだのはこちら。

 

 

(ゾロゾロ。。。)

 

 

RIZAP WATERなるペットボトル水です。24本入りなので災害時やちょっとした外出に重宝しそうです。

 

 

残念なことは、この意識高いパッケージに完全に体が追いつかないこと。戒めとしてずっと持っておくことも視野に入れて。。。

 

 

結果にコミットというだけあり、なんとか株価も持ち直してほしいところです。これからの動向が要注視となる銘柄の一つでしょう。

【株主優待】[9831] ヤマダ電機(2018年3月・9月確定分)

【株主優待】[9831] ヤマダ電機(2018年3月・9月確定分)

年間3,000円のお買い物券。ヤマダ電機の株主優待です。

 

 

100株6万円前後で購入でき、年二回の優待で計3,000円のお買い物券がもらえます。よく読んでいないこちらが悪いですが、1,000円単位で500円分の値引きですので、感覚的には半額と同じイメージです。

 

 

大型家電を買うには少し心もとない金額で、今回は店内で売っている生活用品に充てることにしました。ちなみに、3月期決算分で1,000円、9月決算分で2,000円もらえます。

 

 

(画像は9月期のもの)。。購入して優待を使いにヤマダ電機を訪れたのですが、店内の照明の明るさがなく、どういう店舗コンセプトで運営しているかわからずかなり不安になりました。優待銘柄ですがおそらく購入時の株価に戻ったら売ります。

 

 

家電量販店はヨドバシカメラ・ビックカメラとありしのぎを削る中、どういう強みがヤマダ電機にはあるのでしょうか。年末年始であったキャッシュレス施策(Paypay・Line Pay)も、Line Payだけだったはずですので、ビックカメラには及ばなかったはずです。

 

 

中々不安な銘柄ですが、日本経済全体の復調に来たいし自然体で株価が上がるのを待とうと思います。。。

【株主優待】[3197] すかいらーくホールディングス(2018年6月確定分)

【株主優待】[3197] すかいらーくホールディングス(2018年6月確定分)

すかいらーくホールディングスから初めての配当と株主優待をいただきました。

今回は2018年6月期の確定で、実際に優待券が届いたのは9月です。

決算のハイライトもわかりやすく書いてあります。こうみるとやはりガストが牽引。バーミヤンはジョナサンより高い構成比かと思っていましたが、単価の違いでしょうか。

話題の働き方改革にも言及されていました。今回が初の優待なので知りませんでしたが、以前はカード型ではなかったようですね。

初心者にもわかりやすく優待の使い方が書いてあります。500円単位というところがミソです。

私は100株保有しているので、計3,000円分の優待をいただきました。

実際にガストとバーミヤンで使いました。両方共2,000円弱の会計となり、1,500円分使用して差額を支払いました。効率良く使えた気がします。忙しい時にサッと食べられるメリットは金額以上かもしれません。これからも保有していきたいと思います。

【株主優待】[2207] 名糖産業(2018年9月確定分)

【株主優待】[2207] 名糖産業(2018年9月確定分)

12月上旬、名糖産業から株主優待品が届きました。

 

 

企業名入りダンボール箱に梱包

 

 

優待品の文字もあります。

 

 

開けると昔大好きだった「ぷくぷくたい」が見えますが、じっと堪えてご挨拶を開封。

 

 

今回も名物のアルファベットチョコレートは入っているようです。これ目当ての感もあったのでかなり嬉しい。

 

 

一発目は「ぷくぷくたい」。幼少期は上のベーシックなものをよく食べていましたが、今はなんと「くろいぷくぷくたい」があるんですね。こちらも楽しみです。

 

 

そして名糖産業のイメージには全く無かったスティック型のティーフレーバー。裏面見ると水にもいけるので、さっと飲みたいときにも使えて便利そう。

 

 

そして名物アルファベットチョコ。我が家でも時々買っている商品がもらえるのは良いですね。味は言わずもがな安定しています。

 

 

カカオチョコも入っていました。健康面でも役に立ちそうなお菓子です。

 

 

クリスマスシーズンを意識した商品も。お子様をお持ちの親世代株主が多いんでしょうか。企業イメージにも合っていて好印象です。

 

 

最後は大人なラム&レーズンのスティックチョコ。最近アルコールINのチョコが流行っているので、さすがしっかりラインナップとして揃っていますね。

 

9月の確定前に購入したので高値づかみをしてしまった感は否めませんが、大満足の優待をいただけて引き続き応援したいと思います。

【株主優待】[2914] JT(2018年6月確定分)

【株主優待】[2914] JT(2018年6月確定分)

今更ですがJTの株主優待の中身をご紹介。

 

 

一度複数商品の中から一つをチョイスする紙が来て、それでカップラーメン&チルドご飯セットで注文。それが届いたのが9月下旬だったと記憶しています。

 

 

中身はこのような感じ。ホームラン軒全く知りませんでしたが妻はファンらしいです。。

 

 

非常用食材として我が家で眠ってもらっています。そのため味はまだわからず。

 

 

ゆめぴりかのお米は無難に美味しかったです。

 

 

業績報告書もシンプルで見やすい。

 

かなり規制やルールに業績が左右される会社なので、特に海外での活躍に期待です。

 

 

配当金は7,500円。投資金額がそれなりにあるのでリターンもまずます。

 

 

高い配当金とちょっとした優待があり、長期保有にうってつけの株です。

【ふるさと納税】【岐阜県関市】STAUB COCOTTE RONDE + ツヴィリンググループ製品

【ふるさと納税】【岐阜県関市】STAUB COCOTTE RONDE + ツヴィリンググループ製品

今年のふるさと納税、大物の登場。

 

 

念願のSTAUBの文字。岐阜県関市のふるさと納税で手に入れました。

 

 

真ん中のは関市のゆるキャラでしょうか。細かいところですが地域アピールがしっかりしています。

 

 

??トライアルキャンペーンなんか申し込んだ記憶ないぞ。。

 

 

(全く見落としていた。。。)ツヴィリング社の製品もおまけ?で付いてきました。思わぬ僥倖で、今のフライパンが役目を終える時はこれに変えようと思っています。

 

 

MADE IN ITALY、、、胸が踊る響き。

 

 

さて、こちらが本丸。STAUBのココット・ロンドです。

 

 

開けるとずっしりとした蓋が、これが独特の調理法を可能にします。

 

 

カラーは一番欲しかったブラック。他のカラーももちろん可愛く食卓が華やかになるのですが、1つめは無難な色が良かった。

 

 

持ち手もシブイ。

 

 

ちなみに、アニマルノブっていうものがあって、持ち手が更に華やかになるのですが、家族の猛反対に遭いあえなく挫折。鶏のノブお洒落だと思うんだけどなー…

【ふるさと納税】【栃木県日光市】チーズケーキニルバーナ

【ふるさと納税】【栃木県日光市】チーズケーキニルバーナ

 

(今年も…)二度目の寄付となる栃木県日光市。お目当てはニルバーナのチーズケーキ。販売先の一つである山のレストランに以前お邪魔した時にその美味しさに感動。ふるさと納税の商品にあると知って昨年から申し込んでいます。

 

 

日光は東照宮を代表とする観光名所としても素晴らしいことに加え、その自然の豊かさ随一のため、カメラフリークの身としては定期的に訪れている地です。このような手紙も心温まるもので嬉しいものです。

 

 

届いたチーズケーキの外箱。深みのある藍に燻したような金色のロゴが映えます。

 

日瑠華(ニルバーナ)と書くみたいです。味音痴はかく語らぬ。

>>公式WEBサイトの紹介文を引用。

私たちの味づくりへのこだわり。その原点は40年間愛されている伝統の味、チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)に始まります。本場デンマーク産の最高級クリームチーズをはじめ最高の素材をふんだんに使い、
小麦粉を使用せず、手間と時間をかけて仕上げた逸品。しっとり焼き上げたケーキの表面を、きめ細やかな特製サワークリームを上掛けしています。新鮮なレモンが香るチーズケーキは、チーズのコクと、サワークリームのさわやかな酸味が絶妙のハーモニーを奏でます。

 

 

開封すると十分な大きさのホール。

 

 

一切の主張がなく、完全に味で勝負するケーキの様相を呈しています。

 

 

リピートするだけあり、味は言うまでもなく奥深いものがあります。今年はより気分と味わい深さを高めるためにウェッジウッドのカップに珈琲を入れて。新しい賞味手法を見つけて、来年もきっとリピートしていることかと思われます。