Blog

89 Articles
【株主優待】[9831] ヤマダ電機(2018年3月・9月確定分)

【株主優待】[9831] ヤマダ電機(2018年3月・9月確定分)

年間3,000円のお買い物券。ヤマダ電機の株主優待です。

 

 

100株6万円前後で購入でき、年二回の優待で計3,000円のお買い物券がもらえます。よく読んでいないこちらが悪いですが、1,000円単位で500円分の値引きですので、感覚的には半額と同じイメージです。

 

 

大型家電を買うには少し心もとない金額で、今回は店内で売っている生活用品に充てることにしました。ちなみに、3月期決算分で1,000円、9月決算分で2,000円もらえます。

 

 

(画像は9月期のもの)。。購入して優待を使いにヤマダ電機を訪れたのですが、店内の照明の明るさがなく、どういう店舗コンセプトで運営しているかわからずかなり不安になりました。優待銘柄ですがおそらく購入時の株価に戻ったら売ります。

 

 

家電量販店はヨドバシカメラ・ビックカメラとありしのぎを削る中、どういう強みがヤマダ電機にはあるのでしょうか。年末年始であったキャッシュレス施策(Paypay・Line Pay)も、Line Payだけだったはずですので、ビックカメラには及ばなかったはずです。

 

 

中々不安な銘柄ですが、日本経済全体の復調に来たいし自然体で株価が上がるのを待とうと思います。。。

【株主優待】[3197] すかいらーくホールディングス(2018年6月確定分)

【株主優待】[3197] すかいらーくホールディングス(2018年6月確定分)

すかいらーくホールディングスから初めての配当と株主優待をいただきました。

今回は2018年6月期の確定で、実際に優待券が届いたのは9月です。

決算のハイライトもわかりやすく書いてあります。こうみるとやはりガストが牽引。バーミヤンはジョナサンより高い構成比かと思っていましたが、単価の違いでしょうか。

話題の働き方改革にも言及されていました。今回が初の優待なので知りませんでしたが、以前はカード型ではなかったようですね。

初心者にもわかりやすく優待の使い方が書いてあります。500円単位というところがミソです。

私は100株保有しているので、計3,000円分の優待をいただきました。

実際にガストとバーミヤンで使いました。両方共2,000円弱の会計となり、1,500円分使用して差額を支払いました。効率良く使えた気がします。忙しい時にサッと食べられるメリットは金額以上かもしれません。これからも保有していきたいと思います。

No.026    ROTA / CORDUROY PANTS

No.026 ROTA / CORDUROY PANTS

GONBUTO.

 

 

ROTA(ロータ)

1962年にイタリア・パルマで創業したパンツ専業ブランド。全ての箇所にナットボタンを使用したりパンツ裾に補強布を施すなど、パンツ作りの真面目な姿勢が評価されており、現在も多くの有名ブランドの製造を請け負っています。現在の主流とは一線を画す、普遍的なラインとエレガントな雰囲気が魅力的な、クラシコイタリアを代表するパンツブランドです。(引用サイト

 

 

中畝のコーディロイ。色はダークブラウン。ぽっかりとしたシルエットで太腿筋が隆々しい私にはありがたい仕様。

 

 

ボタンも至極シンプルに、でもどこか上品さを兼ね備えているのがこのブランドの強み。他のクラシコブランドよりクラシカルなイメージが強いです。それだけに購入欲も掻き立てられます。

 

 

(土臭く合わせてみた)ウール・フランネル・ツイードなどの冬の素材との相性の良さはさすがコーディロイ。落ち着いた色合いなので、案外上に明るい色を持ってきても良いかも。

 

 

上から見たシルエット。コーデュロイがただでさえ「畝」なのに、パンツも十分ウネってますね。。。

 

 

裾はクッション性をもたせるため4cmダブルに。このようなポストマンシューズや、はたまたスニーカーでも相性が良さそう。ドレッシーになりすぎずに履けるカジュアルアイテムです。

No.025    DOUMEUIL CLOTH / BESPOKE SUIT

No.025 DOUMEUIL CLOTH / BESPOKE SUIT

現存する最古の英国マーチャント、「DOUMEUIL(ドーメル)」の生地を使ったスーツ。

 

 

おそらく昔に流通した生地を使っているが、バーズアイ調で打ち込み感のある生地に、薄っすらブルーのウィンドウペンで、飾りすぎないデザイン。ボタンホールは少しブラウン掛かった同色系の糸が使用されており、細部へのこだわりが感じられる。

 

 

ボタンは黒無地のクラシカルなものを使用。フロントボタンは、低めのゴージを活かして2つボタンで。

 

 

袖のボタンは今では珍しい3つボタン。手持ちのものは4つボタンが多いが、このスーツに3つボタンが至極相性の良いデザインかと。

 

 

襟部分も抜かりなく。ゴージが低い初のデザインチョイスだが、思ったよりすんなりと受け入れられた。

 

 

パンツは現代には似つかわしくないIラインシルエットになっていて、特筆すべき裾幅は22cmと、クラシックを通り越したようなデザイン。故に、少しこってりしたブローグシューズとの相性が良く、加えて立体的なノットが作れる太めのネクタイとベージュのバルマカーンコートを大体チョイスしている。

 

 

本来はあと20〜30年くらい年を取ってからのほうが似合いそうだが、それでも普遍性を求めて、一日また一日と、人目を憚らず社会へ繰り出していく様を美学と呼べる日は来るのだろうか。残念ながら今のところ、その勇気は到底持ち合わせていないのだが…

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.12

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.12

前回のVol.11で番外編まで終了です。オマケのオマケとなる今回は、TRUNK(HOTEL)に関して私が撮影した写真や各種情報を備忘録的に記載していきます。何かの参考になれば幸いです。

 

【バンケット内での見学会】

ONDEN

MORI(装花の展覧会をやっていました)

 

SORANIWA(引き出物の展覧会をやっていました)

KEYAKI(ワークショップが催されていました)

チャペル

TRUNK(BAR)・LOBBY

LEARN&GROW風景(契約後初めて行うワークショップ:夫婦の生活像の共有)

オープニングムービー撮影風景

 

【挙式当日に流した曲】

【人前式】

  • 新郎新婦入場:Giacomo Puccini/O mio babbino caro
  • 指輪の交換:Stanislao Gastaldon/Musica proibita
  • 新郎新婦退場:Ruggero Leoncavallo/Mattinata
  • 列席者退場:Jean Paul Martini/Piacer d´amor

【披露宴】

  • 受付開始:吉田兄弟/RISING
  • オープニングムービー:Klint/Diamond→K.T.Tunstall/Suddenly I See
  • 新郎新婦入場:Andrew Mcmahon/Fire Escape
  • 乾杯:The Fratellis/Vince The Loveable Stoner
  • 新婦友人スピーチ:L’Arc~en~Ciel/Snow Drop
  • 歓談:The Fratellis/Costello Music(Rundom)
  • ケーキ入刀:Meghan Trainor/Dear Future Husband
  • 新婦お色直し中座:T.M.Revolution/High PRESSURE
  • 新郎お色直し中座:MIKA/Lollipop
  • 歓談:Various Artists/Music of the Millennium(Rundom)
  • プロフィールムービー:Bruno Mars/The Lazy Song→樋口了一/1/6の夢旅人
  • 祝電披露:Sixpence none the richer/Kiss Me
  • お色直し入場:LUCKY TAPES/レイディ・ブルース
  • テーブルラウンドフォト:BAY CITY ROLLERS/The Best of Bay City Rollers(Rundom)
  • 余興:ゆず/栄光の架け橋
  • 新婦手紙朗読:John Lennon/Woman
  • 記念品贈呈:海援隊/まっすぐの唄
  • 両家退場:山下達郎/ずっと一緒さ
  • エンドロールムービー:白鳥 英美子/Melodies of Life
  • 送迎:The Beatles/Beatles 1(Rundom)
【参考にしたリンク集】

 

【ラフスケジュール】
  • 5月:契約・ドレス決め
  • 6月:見積精査・進行イメージ確認
  • 7月:列席候補者へ打診・打ち合わせスタート・ホテル予約
  • 8月:全体の進行の概形がまとまる・制作物スタート
  • 9月:オーダースーツ制作スタート
  • 10月:二次会場所選定・幹事系列席者選抜・招待状発送
  • 11月:前撮り実施・ムービー撮影実施・制作物8割完成・二次会招待者に連絡
  • 12月:披露宴/二次会概形完成・音源準備完了・ムービー/制作物完成
  • 1月:本番

以上、12回に分けて大枠ですが記載いたしました。見ていただいている皆様の結婚式が素晴らしいものになるよう、心よりお祈りしております。

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.11

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.11

番外編で二次会の模様も書いていきます。まず場所選定からですが、会場自体は10月末に決定しました。動き出しは少し遅かったと思います。ただ、幸運にも素晴らしい会場に巡り会えました。原宿にある「LoyKratong Resort -ロイクラトンリゾート-」という会場です。普段はお洒落なアジアンダイニングですが、結婚式の運営も手がけており、今回は二次会でお借りすることにしました。担当の方もとても丁寧で、終始安心しながら準備を進められました。

昼の風景。螺旋階段から入場するような形で、店内もアジアンリゾートのような佇まい。水路のようなものが張り巡らされていて、天井がとても高く開放感に溢れます。

ランチにも何度かお邪魔しています。写真のグリーンカレーは絶品。

こちらは一風変わったパッタイです。二次会のオードブルはこのような美味しい食事からいくつかを選択できるのが魅力的。通常のケータリングとは一線を画す内容でした。

天井はラプンツェルの1シーンを彷彿とさせるような吊り下げ式の照明があります。ここもお洒落と感じ、会場を決めた理由の一つ。

夜になると螺旋階段周りはこのようにライトアップ。この時は別日だったのでクリスマス仕様になっていましたが、実際は螺旋階段に巻き付いている明かりは取り払われていました。

東京タワーと載っていませんがスカイツリーも一望できます。霜降り上のガラスは聞くと高所恐怖症の方のためだとか。なるほど感心しました。

当日の出し物で使うジェンガ。出席者に一言コメントを書いていただき、後で見返せる楽しみができました。

ゲスト用に振る舞うグラスも友人が撮るとこんなにシャレオツに。

(入場の時の写真がなく一気に中身に…)螺旋階段下に高砂を設けてもらい、ここで写真撮影を行いました。前の装花は先程披露宴で使ったものです。幹事チームにお願いして持ってきてもらいました。ちなみに、私達は螺旋階段の上で待機して、合図と共に降りて来る形で入場でした。

ケーキは会場に用意いただきました。セカンドバイトも滞りなく。

ちょっとした余興も用意。私達に似ている似顔絵選手権やクイズを織り交ぜ商品を獲得するものです。ベタですが盛り上がりました。

(小児科にありそうなやつ…笑)

Happy Weddingが優しさですね。

風船膨らましゲーム。割らなきゃいけないのにひたすら膨らましていたら負けました。笑

クイズを出題して私達が回答するゲーム。夫婦で回答を話し合っています。

前撮りから大活躍の友人。このあとアルバムもいただきなんと言ってよいか。ただただ感謝です。

社会人になり出席者同士でも久しぶりの再開となったのでしょうか。各所で話題が絶えず楽しい会でした。

最後は螺旋階段に登り全体写真を。会場と出席者の素晴らしさに圧倒されつつ、無事に二次会も終わりました。幹事グループもこの日のためにいろいろと準備いただき感謝です。最後はこれまでで掲載していない情報です。記事はコチラ

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.10

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.10

披露宴も後半です。お色直しを終えて、最初の入場口とは真反対から入場するため、外で待機します。その際にも撮影は進みます。一方披露宴会場は歓談タイムです。

そんな中、反対口から入場すると聞きつけて撮影を手伝ってくれた友人。彼とは昔から写真を撮りに行く仲。今回も素晴らしい写真をたくさん撮ってくれました。

カメラマンに指示され、今までよりも密着したショットになります。後で確認しましたが、他の方の投稿でも同じようなショットがいくつかありました。

KEYAKIの広い屋外ソファを活用したショット。ドレスのボリューム感がよく出ています。

お色直し中は歓談タイムでしたが、入場の準備が整うとプロフィールムービーが上映されます。5分程度あり結構長かったのですが、笑い声が漏れているのが外にも伝わってきて盛り上がっていた様子です。

そして司会者の合図で入場。最初の入場口から変わっているのでサプライズ感もあり。ちょうど日が落ち始めの時で、ムードを変える良い入場になったと思います。

予めフォトラウンドをしたいと頼んでおいたので、入場しながら順繰りテーブルを回りました。

フォトラウンド自体はかなり正解の内容だったと思います。加えて、妻の衣装は細かいところにデザインの工夫があり、近くで見たほうが素晴らしさが伝わったようです。

余興は高校時代からの友人にお願いし、弾き語りをしてもらいました。

ギター片手に「栄光の架橋」を歌う友人。曲のチョイスは妻からのリクエストです。

流石の上手さで会場中静まり返り聴き入っていました。式が終わった後もこの瞬間に対する感想をたくさんの人からいただきました。ただただ脱帽。

披露宴も佳境。妻からの手紙です。

花束贈呈。

親族代表のスピーチ。

こういう緊張の時を表現してくれていたのでカメラマンには本当に感謝。

最後は私から挨拶を読み上げ退場となります。最後まで温かい拍手で見送っていただきました。

お見送り。プチギフトとパンフレットを渡して一人ひとりに感謝を伝えます。

伊勢丹で期間限定ショップを出していた「moss flower」さんに作っていただいたドライフラワー。ドレスの雰囲気にも抜群に合っています。

親族でも最後に写真を。これにて披露宴は終了です。

(ドヤ顔バックショットですがモザイクかけているので意図が伝わりませんね…笑)。これで終了なのですが、番外編と載せられなかった情報を掲載する2回分、今しばしお付き合いください。

※次の記事はコチラ

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.9

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.9

人前式の次は披露宴です。入場からお色直しでの退場までを書いていきます。

当日の受付係をお願いした4名。ラゲッジタグを活用した少し変わった入場形式を取ったため、もしかしたら案内に苦労させてしまうかもと思いましたが杞憂だったようです。いろいろ協力いただき大変感謝。ここも迷わせないように4名には事前に資料を渡して準備してもらいました。

テーブルの配置はこんな漢字だったようです。自作したメニュー表が置かれていますね。木のサイコロの上に刺さっているものは席札です。後ろに一人ひとりへのメッセージがしたたまれています。装花は1ランクアップさせていて、見えにくいですが鹿の角があしらわれていたり、花の量が増えています。席札を間違えて置かれないよう、これも指示書を作り対応しました。

私達が座ったテーブルです。シンプルですが特にアップグレードもしなくて正解だったと思います。ここでたくさんの人をお迎えするので、余計な装飾は不要でした。

受付案内が終わり、オープニングムービーが流れます。今回は動画を切り貼りしたもので、二人してポンコツ役者を演じました。撮影は11月に都内で敢行し、それも友人の協力のもと行いました(Vol.12で一部風景あり)。

(普段私に全く興味がない後輩も一応見てくれていますね。笑)

ムービーが終わり曲が転換したあと、サビに合わせて入場です。カーテンが空いたシーンがこちら。

明転して席を回りながら挨拶をしていきます。

私の簡単な挨拶のあと、当時の上司にご挨拶を頂戴します。

妻の上司が乾杯の発声をしていただきました。先述の通り、シャンパンではなくクラフトビールで。好評だったようです。

まずは前から一枚

そして後ろから一枚。このショットもTRUNKだと良く撮られているようです。クラフトビール≒ドイツという浅い考えのもと、銘柄はモネッティで、BGMもドイツのアーティストであるthe Fratellisを選択し、カントリー感のある披露宴の幕開けです。

妻の親友にも挨拶いただきました。このために内容を練ってくださり、事前にも一度時間をいただき会ったりして、協力感謝です。

各テーブルのみなさんが順番に来ていただけて、集合写真を撮ります。

普段めったに集まらない親族も。

ケーキはシンプルなデザインのものを。これもKEYAKIの会場に合うようなチョイスです。

少し落ち着いたところで妻側が先にお色直しのため退出。好きなアーティストの曲を流したら手拍子で盛り上がっていました。

私も大学時代の友人と共に一度退出。ここからお色直しをして、後半戦に移ることになります。次は披露宴後半戦です。記事はコチラ

TRUNK(HOTEL) Wedding Vol.8

第八回目からはいよいよ本番。当日の準備から人前式までを画像と共に振り返ります。

ヘアメイクの様子。控室のようなところでスタイリストがメイクアップしてくれます。私達のメイクアップが必要なときは常に支援してくれるのでありがたかったです。

スーツもなるべくシワがよらないようにするため、直前までハンガーにかけて待機中。

新婦がスタイリングによって変わっていく姿を新郎はひたすら待機しています。そこそこ時間はかかりました。

新婦のメイクアップが終わり、私も着替えて両家挨拶の場に赴きます。既に親族は控室に案内されており、そこで対面し挨拶。その後TRUNK名物の写真スポットに移動し撮影となります。

妻のパーツ撮影。

詳細は控えますが、この部屋は一方向から光が差し込む設計になっており、陰影が付きやすい部屋です。

TRUNKの花嫁といえばこのショット。実際の場に立ち会うとこのショットの撮影方法がよくわかります。

花はミモザ中心にチョイス。よく映えています。

私のブートニアにも同じ素材のものを。このあたりはフローリスト(花関係の担当者)と連携を取りつつ決めていきます。フローリストとの打ち合わせも本番前にあるので安心です。

そしてゲストより少し早くチャペルに移動して撮影を続けます。これも有名なミラーショット。これらの撮影を一通り行い、脇にある控室に移動してゲストがチャペルに入場し終わるのを待ちます。

カメラマンは一足先に会場に入り、このように列席者を撮影してくれます。

そしていよいよ入場です。司会者の合図で扉が開きます。

入場と同時にスマホが一斉に向けられます。後にも先にもこの体験はないでしょう。

チャペルも陰影が付きやすい設計なので、太陽の力を借りながらメリハリある写真に仕上がります。

(誓いの言葉を読んでいる最中…)

遠近の焦点効果を活用したショットです。これも現代ならではの撮影技法ですね。

署名の瞬間。この羽ペンは他の方も書いてあるとおりかなり重いです。元々字が下手なのに余計下手になりました。笑

新婦側の親族も一挙一動に注目して参列していました。

人前式は特別なことを特段行いませんでした。構想の段階ではベルボーイやらリボンを使ったアイデア等あったのですが、披露宴であれば比較的容易ですが、人前式はそのまま来訪して案内されるので統一感が取りづらいと判断しました。人前式を工夫したい人は、予めプランナーと余裕をもって相談することをオススメします。私達は、入場→挨拶→誓いの言葉→退場という一般的な流れで行いました。

一度退場して、集合写真を取るために再入場します。写真は上から俯瞰して撮影してくれます。

このあと披露宴に移るのですが、スキマ時間で撮影を継続してくれました。

このショットも有名ですね。バーを背面においたものです。実際はもっと暗いですが露出オーバーで撮影していると思われます。このあたりは一眼レフでないと表現が難しいですが、フルサイズの一眼レフで撮ってくれたので安心です。次はい披露宴です。記事はコチラ