Blog

47 Articles
No.020    BROOKS BROTHERS / NAVY BLAZER

No.020 BROOKS BROTHERS / NAVY BLAZER

 

幼少の頃から、「一番(またの名を一等賞とも言う)」とはおおよそ縁が遠い人生を送ってきただけに、金色(ゴールド:一番の象徴)には変わらない一種の憧憬はあるものの、実際には2番手以下で甘んじること多く、それは服のチョイスにもよく反映されている。

 

 

そう、このブルックスブラザーズのブレザーを購入するきっかけは、社会人になって初めてまともな賞与を得た時だったと今更逡巡している。ただ、どうも紺ブレの主役と言わんばかりの金ボタンが、私の感性を揺さぶるには足り得なかったあの時、この燻したようなボタンが目に入ってきてや否や、他店舗のブレザーと比較する本来の用心深い性格はどこへやら、ほぼ即座にこのブレザーに決めていた。

 

 

今でもこのボタンのスペアは大事に保管している。この生地を書くために公式HPを見たが、同じモデルを見つけ出すことがとうとうできなかった。あの時の自分の決断を褒めておきたい。

 

幾数年、このブレザーと共にビジネスパーソンの日々を送ってきたことで、若干の貫禄を増すことになった。もちろん、私のことでなく、このブレザーのことである。購入当時には知らなかった服飾に関する知識を総動員しても、このブレザーのバランス間隔、屹立とした佇まいは今でも美しいと感じることができる。

 

 

生地はSAXXONウールを使用。打ち込みが強く程よい厚さで、それこそ初夏になると敬遠するものの、用途の幅広さは折り紙付き。

 

 

今年でBrooks Brothersは200周年。都合よくこの記事も20本目。ボタンダウンシャツ、レップタイ、チェスターコート。。。彼らが作り出す全てのこれらアイテムにお世話になって、一応ビジネスパーソンとして生きながらえてきました。

 

 

こう遠目で見ると歴戦感は否めず。それでも修繕して使い続けたい一品。

 

 

この佇まい、完全にモノにするまでにはまだまだ掛かりそうですが、それでも着るたびに新鮮さと、懐古的な感情を抱かせてくれるブルックスブラザーズのブレザー。疑いようなく素晴らしいワードローブの一つです。

No.019    ANDERSEN-ANDERSEN / SAILOR CREWNECK (Hunting Green)

No.019 ANDERSEN-ANDERSEN / SAILOR CREWNECK (Hunting Green)

 

海洋国家、デンマークが産み出した産物。ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン・アンデルセン)のセーラーセーター(でもイタリア製)。

 

 

2009年、デンマークのアンデルセン夫妻によりスタート。海洋国家であるデンマークは昔からニットが非常に盛んでしたが、近年は後継者不足から産業が減少傾向にありました。しかし、アンデルセン夫妻はこの伝統的なデンマークのニット文化を継承していきたいという想いから昔ながらの編み方を継承しつつ、デンマークのユトランド半島にて生産を始めました。また定番であるタートルタイプは、デンマークで昔から着られている船員や漁師・ハンターのニットウエアのデザインにインスピレーションを受けて作られており、前後どちらでも着られるニットは忙しい船員達が前後気にすることなく、気軽に着られるように作られています。

※ブランド紹介。。こちらのサイト様より引用

 

 

今回手に入れたのはタートルでないクルーネック型のセーターで、色は珍しい「ハンティンググリーン」。この色、あまり日本に出回っている印象がない(おおよそ一度も購入までに目撃したことはなかった)。店内で見た時にはモスグリーンのような色彩を放っていたが、外で見るとすっかりダークグレーのような色味である。公式サイトでも上のような写真に近い色味の表現になっている。

 

 

これが電球色のような色味の中で撮影すると上の写真のような色味に。やっと「Green」という言葉に一定の信憑性が。

 

 

そして、当ブランドの特徴であるサムホール。実際に活用する機会は少なそう(折り返して使いたいことに加え、手汗による劣化を防ぎたい。。)

 

 

負荷がかかる箇所はカンヌキ留めが施されていたり、とことん使用者に永く使ってもらうような設計がなされている。織りの密度も相当なもの。

 

 

ちなみにこのニット、重さは約1kgと大したもの。翻って、重ね着など殆ど不要。この一枚のみあれば良い。

 

 

晩秋から冬にかけて、この一枚、バルマカーンコート、フランネル地のパンツ、チャッカブーツあたりでサラッと外出ができるくらいの度量を持ち合わさねば…

No.018    UMIT BENAN / Denim Jacket

No.018 UMIT BENAN / Denim Jacket

 

渾(藍)身。UMIT BENANのデニムジャケット。いわゆる「Gジャン」といえばいよいよ世代は巻き戻り、それを回避するが如く「デニムジャケット」という、非常にモダナイズされた呼び方で紹介することにしたい。

 

 

そのものに風合いがあり、その経年変化を楽しむものとして、着道楽に愛着を持たれているデニム素材。奥ぞ深く、岡山県への聖地巡礼やらリーバイスのデッドストックやら、枚挙にいとまがないほどの含蓄ある知識が求められるが、一切の語ること抜きでただただその佇まいを紹介するのが本サイトというものである。

 

 

ボタンの裏はこのように貫通しており留まっている。裏地でも十分に表情がある。

 

 

(上の写真の表地はこのような形)

 

 

デニムジャケットといえば、A.P.C(アーペーセー)のものが有名だが、このUMIT BENANも中々。「ウミ」とあったり語感的なものもあり、てっきりPetit Bateau(プチ・バトー)のようなマリンブランドかと思っていたが、コレクションは実に土臭いと表現すべきか、噛みごたえのあるようなアイテムを数多く排出しているようだ。

 

 

タグはかなりの強度で縫い付けられており、生地の裏側までステッチが走っていた。四つ糸のマルジェラはシンボリックだが、隠れUMIT BENANユーザーを探すのもまた一興。

 

 

陰影のある藍。より立体的な藍になるその時まで…

【ふるさと納税】【栃木県日光市】チーズケーキニルバーナ

【ふるさと納税】【栃木県日光市】チーズケーキニルバーナ

 

(今年も…)二度目の寄付となる栃木県日光市。お目当てはニルバーナのチーズケーキ。販売先の一つである山のレストランに以前お邪魔した時にその美味しさに感動。ふるさと納税の商品にあると知って昨年から申し込んでいます。

 

 

日光は東照宮を代表とする観光名所としても素晴らしいことに加え、その自然の豊かさ随一のため、カメラフリークの身としては定期的に訪れている地です。このような手紙も心温まるもので嬉しいものです。

 

 

届いたチーズケーキの外箱。深みのある藍に燻したような金色のロゴが映えます。

 

日瑠華(ニルバーナ)と書くみたいです。味音痴はかく語らぬ。

>>公式WEBサイトの紹介文を引用。

私たちの味づくりへのこだわり。その原点は40年間愛されている伝統の味、チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)に始まります。本場デンマーク産の最高級クリームチーズをはじめ最高の素材をふんだんに使い、
小麦粉を使用せず、手間と時間をかけて仕上げた逸品。しっとり焼き上げたケーキの表面を、きめ細やかな特製サワークリームを上掛けしています。新鮮なレモンが香るチーズケーキは、チーズのコクと、サワークリームのさわやかな酸味が絶妙のハーモニーを奏でます。

 

 

開封すると十分な大きさのホール。

 

 

一切の主張がなく、完全に味で勝負するケーキの様相を呈しています。

 

 

リピートするだけあり、味は言うまでもなく奥深いものがあります。今年はより気分と味わい深さを高めるためにウェッジウッドのカップに珈琲を入れて。新しい賞味手法を見つけて、来年もきっとリピートしていることかと思われます。

No.017    MACKINTOSH LONDON × TURNBULL & ASSER / LONDON STRIPE SHIRT

No.017 MACKINTOSH LONDON × TURNBULL & ASSER / LONDON STRIPE SHIRT

 

英国の重鎮、いざコラボの刻。

 

 

MACKINTOSH LONDON × TURNBULL & ASSERのロンドンストライプシャツ。マッキントッシュは以前ダヌーンを持っていたが手放した関係もあり久々のワードローブIN。

 

襟を構築するゆるやかなS字、いわゆるターンブルカットは健在とお見受けする。

 

 

ダブルネームのタグもこの商品ならでは。他にもマッキントッシュが英国の老舗ブランドとコラボしたGB7というプロジェクトがあり、眉唾もののラインナップになっている。

>>MACKINTOSH LONDON と共鳴する伝統と格式を備える英国の名品たち

英国には100年を越える歴史を誇る老舗ブランドが数多く存在する。「GB7 collection」は、MACKINTOSH LONDONが目指すモダンブリティッシュスタイルを完成させるため、永く英国の服飾文化を担ってきた保守本流のブランドたちと協働した限定コレクションである。それは次の歴史と伝統を紡ぐプロジェクトであり、新たなクラシックが生まれる場所である。(http://www.mackintosh-london.com/look/gb7.html より文面引用)

 

釦を外してもこの端正さ。仕立ての良さがよく伝わってくる。

 

 

カフスは3連のシングルカフス。これもターンブル & アッサーならでは。

 

 

ダーツもオリジナル仕様。全く理解されなそうなこだわりも多いが、差し引いても着心地の良さ、その汎用性で良きパートナーになってくれそうです。

No.016    E.MARINELLA / TIE

No.016 E.MARINELLA / TIE

 

初のネクタイはこのブランドから。

 

 

E.MARINELLA(マリネッラ)。各国の首脳も御用達という当ブランド。サミットでのお土産として用いられたことでも有名。

 

 

「ブラウン」と呼ぶには少々勿体無い。「モカチーノ」とでも名付けてみようか。

 

 

ナポリお得意のいわゆる「セッテピエゲ」ではない形のマリネッラ。しっかりと芯地が入っているタイプでどちらかというとこちらが性分に合っているようで。ディンプル作って詰めあげて締めるのには不的確な気もして、専らゆったりプレーンノット(締めるのではなく巻くような感じ)。

 

 

こちらは一転、鮮やかな小紋柄。

 

 

プレーンなスーツに華を持たせることで役割として。

 

 

これからの季節で、増々大車輪の活躍を見せるこの二本。無駄に酷使せず、適度な休憩を挟みながらと思うもつかの間、その汎用性に抗うことができず、一日、また一日と駆り出されていくのです。

Style 001

Style 001

10月上旬。最高気温23℃、曇り。

 

 

BLOUSON: ARC’TERYX VEILANCE

INNER: MARGARET HOWELL × JOHN SMEDLEY

PANTS: MARNI

SHOES: CROCKETT&JONES

BAG: LEON FLAM

GLASSES: OLIVER PEOPLES

 

 

全体的な色彩。枯れ葉のようですね。実物もまた然り。

 

 

(思ったより迫力のある画か…)、ヴェイランスのブルゾンとマルニのシンプルなコットンパンツ。スメドレーのニットも見事な中和感。

 

 

コインポケットの使いどころはこの日もありませんでした…

 

 

靴はクロケットのチャッカブーツで。タバコスエードのいい塩梅。

 

 

バッグは相棒感たっぷりのレオンフラムで。

 

 

(写っていないけど)メガネは オリバーピープルズのウェリントン型。休日のぶらり歩きは大体これに頼っています。(この日はあてのない銀ブラへ)

 

 

(こういう色合わせが好きなのだが、如何せん時期が短すぎるんだよなあ…)

No.015    ARC’TERYX VEILANCE / Nemis Jacket

No.015 ARC’TERYX VEILANCE / Nemis Jacket

 

これはなんとしても紹介したかった。ARC’TERYX VEILANCE(アークテリクス・ヴェイランス)のNemis Jacket。

 

「More Urban、More Movable」アウトドアブランドとして名を馳せるアークテリクスを、より都会的なアイテムに落とし込んだヴェイランスシリーズ。ナイロン・ポリエステルが織りなす快適かつ軽量な仕立て。須らくアークテリクスの意匠は施されており、このシームテープも同社らしい仕上げ方を見せている。

 

色はマホガニー。深みと立体感がある赤茶色。ジップも小洒落ている仕様だが全くうるさくなく、同色だからこそできる細微的な美しさ。

 

 

(もはや芸術品を見ているかのよう)。。 襟のリブも軽快な雰囲気で、その切り替えもシームレスの如く自然な造り。

 

袖と裾も同じくリブ仕様。

 

(上から見下されるかのような威圧感…)

 

とかく非常に軽く生地が柔軟なため、パッカブルな汎用性もあり、用途幅が広くさすがアウトドアブランドの意匠といったところ。簡単な雨もしっかり弾いてくれるので頼もしく、断続的な登板機会を要請される主力アイテムとなっています。

【ふるさと納税】【熊本県人吉市】ツイル2枚セット 紳士用 HITOYOSHIシャツ

【ふるさと納税】【熊本県人吉市】ツイル2枚セット 紳士用 HITOYOSHIシャツ

 

無類のシャツ好きにこれは魅力以外の何物でもなし。人吉市のツイルシャツ2枚セット。

 

プチプチに入って届きました。お手入れ方法も丁寧に同封されており、非常に好感が持てる包装です。

 

(普段のアイロンがけは専ら自分の仕事…)

 

もっと日本の職人気質のハイクオリティかつノーブランディングかと思いきや、なんとも高級感漂う襟タグ。溢れ出るロロピアーナ感。

 

 

サブボタンのところにも品番とサイズ表記が。いざという時は数年後だったりするので、このような忘れない仕様でありがたい。

 

 

こちらはブルー。至極ベーシックなレギュラーカラー。何枚あっても困らないやつです。

 

 

ツイルの生地感、斜めに入ったピンストライプも綺麗。

 

 

ハンガーに掛けた佇まい。(出したばっかり。シワがあり失礼…)

 

 

生地は硬くなくコシが強めの印象です。耐久性がありかつトロっとした肌触り。おそらくですがアイロンがけは結構大変そう。

 

 

カフスはシンプルに1つボタン。

 

(小洒落た包装)

 

ブルーの佇まい。

 

初人吉シャツですが、とにかくベーシックで使いどころに迷うことはなさそうです。この時点で翌年もリピートしたいくらいですが、まずはしっかり着込んで見たいと思います

No.014    BEAMS F / Birds-Eye Suits

No.014 BEAMS F / Birds-Eye Suits

 

無数の鳥の目…。バーズアイと呼ばれるこの柄の汎用性に惹かれて。それだけでなく、随所に見えるクラシカルなディテールも食指を動かしたアイテム。

 

 

旧タグ。BEAMS Fの3Bスーツ。モヘヤ×ウールの独特なるシャリ感。このスーツに出会って、今のBEAMS Fのイメージに多少の変化が。(イタリアクラシコ一辺倒のブランドという、その認識が改められることに)

 

 

そんな中、生地は「FRATELLI TALLIA DI DELFINO」。やはりイタリアからは完全には抜けられないようで。。

 

 

釦は良い塩梅のブラウン。ネクタイも必然的に同色で合わせることに。

 

 

このディテ―ルのアイテムが初。まさかのパンチェリーナ仕様。購入した時は若干の窮屈さを覚えたものの、今や自身のウエストに服従しその役割を果たせずにいるようだ(異常な怠惰だけは受け付けてくれないらしい)

 

 

サイドベンツで軽い印象。春・秋がメインシーズンなのでこれで良い。

 

 

パンツは1プリーツ。裾は十分なゆとりがあり、近年のクラシコ風潮とは異なっており好ましいシルエット。

 

 

(ヒゲの存在も確認…)

 

 

とにかく「無理のない」デザイン。モヘヤの光沢が全面に出るスーツにおいては、この程度のさっぱりしたディテールでこそ、やっとの「フツウ」を得られる気がします。