Monthly Archives

4 Articles
【株主優待】[9433] KDDI(2019年3月確定分)

【株主優待】[9433] KDDI(2019年3月確定分)

高配当&株主優待の筆頭企業より。

 

 

KDDI社から株主優待をいただきました。シンボリックなオレンジが目に自然と入ってきますね。

 

 

ここには載せていませんが、配当金も十分です。今回は1株55円という結果でした。

 

 

カタログギフトの中身は、全国47都道府県グルメということで、開く前から期待感が高まります。

 

 

どこかふるさと納税感もあるようなデザイン…

 

 

中身はこんな感じで、各都道府県から選りすぐりのグルメがエントリーしています。3,000円相当ということで、中身のバリエーションも豊富で大分悩みました。

 

 

そんな中、今回は北海道からエントリーのアイスクリームセットにしました。5種類の味が2セットずつ入っています。味も美味しく、食後のデザートにピッタリ。来年はまた違うものも選んでみようと思います。

No.045     SALVATORE PICCOLO/  SHIRT BLOUSON

No.045 SALVATORE PICCOLO/ SHIRT BLOUSON

その軽さと使い勝手の良さにより、今やすっかり妻のもの…(本末転倒)

 

 

Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ・ピッコロ)のシャツブルゾンです。生地はシアサッカー、色はブラウン。

15歳からシャツ作りの修行をはじめたサルヴァトーレ。シャツ職人の母からシャツの魅力を学んできました。大切な部分を手縫いで裁縫しているため、他では味わえない抜群の着心地がサルヴァトーレ ピッコロにはあります。クラッシックなだけでなく、まさに名品シャツの代表です。(引用サイト

 

 

いわゆるダブルジップの仕様ですが、このジップがとにかく”軽い”のです。あまりこういう感覚は普段ないですが、動かしてみるとその感覚にびっくりします。燻したような色味も洒落ています。

 

 

後ろからのシルエット。ベントはなく、ただ上からサラッと羽織るためだけに作られたデザイン。

 

 

シアサッカーの風合いがこれでもかと出ています。くしゃっと丸めてカバンに入れておけば、急な気温変化にも対応できるスグレモノ

 

 

このブランドといえばもちろんシャツが有名ですが、このブルゾンはもっと有名になっても良い商品ではないでしょうか。実際シアサッカーのブルゾンってあまりない気もしますし、シャツとセットでの提案もおもしろそうです。

 

 

ボタンも全体の調和を壊さないミニマルな仕様。引き算の美学を見て取れる気がします。

Style 010

Style 010

7月上旬。最高気温23℃、雨。

 

 

Cardigan : Marni

T-Shirt : Maison Margiela

Pants : Maison Margiela

Shoes:Sanders

Glasses:金子眼鏡

 

 

夏の入りたて、少し肌寒い日のスタイル。Marniのカーディガンは少し肉厚で、ネイビーとグレーのコントラストが鮮やか。同じような彩度を持つマルジェラのカットソーに合わせてみました。

 

 

このカットソーは非常に独特な色味。マスタードでもなく、グリーンでもなく、オリーブでもなく、その中庸さが意外な汎用性の高さを生み出しています。

 

 

このコードレーンのマックイーンパンツは、ストンと落ちるシルエットで、リラックスした雰囲気に一役買うアイテムです。

 

 

眼鏡は金子眼鏡のもの。井戸多美男さんが手がけたサンプラチナ製の逸品。

 

 

サンダースのタッセルローファーは昨年から愛用。この白いステッチやスエードの色味、素晴らしく重宝しています。

No.044     RAYMAR/ CAPTOE SHOES

No.044 RAYMAR/ CAPTOE SHOES

気鋭の紳士靴ブランド、静岡の地より日本を変える。

 

 

以前からとあるブロガー様のエントリーで興味を持っていたRaymar(レイマー @raymar_shoes )という紳士靴のブランド。ネット注文のみの販路にも関わらず、その素晴らしいクオリティと圧倒的なコストパフォーマンスで、すぐに完売となる人気のブランドです。

 

 

購入したのは、内羽根のパンチドキャップトゥが美しいデザインのもの。このまま観賞用として保管したいくらい、全てのディテールが素晴らしい。

 

 

このキャップトゥは、「レインシリーズ」という、靴底がラバーのものです。その名の通り、雨に耐えられるような仕様になっています。

 

 

雨用の靴は、スコッチグレインの シャインオアレインが有名ですが、当分レイマーのレインシリーズのご厄介になりそうです。

 

 

革質もさることながら、製法や製作者の想いや人柄も素晴らしいブランド。詳細に語り切る力はないので、ぜひHPを訪れてみてください。

 

 

サイズは普段UK7 1/2の私で8でした。ラスト(木型)にもよりますが、ハーフサイズアップで丁度良いかなと思います。既に複数回履いていますが、最初こそそれでも靴ずれはあったものの、3回目からは完全に消えました。

 

 

このヒールカップの佇まい、そして全体の完成度を目にして、2足目にいかない理由はありません。また靴箱の整理をしなくては…